熱中症の症状と予防!ここですべてわかる!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  熱中症について知りましょう!

熱中症は怖い?

まひろの近所でも、入院したとか、
テレビでも、報道されていたりします。

そんな熱中症ですが、
どんな症状や予防があるのか、
知らないあなたもいると思います。

ここで、疑問を解消しましょう!


  熱中症の症状とは!

熱中症は、高温多湿な環境に、
私たちの身体が適応できないことで生じる、
さまざまな症状の総称です。

以下のような症状が出たら、
熱中症にかかっている危険性があります。

 「症状1」めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、
顔がほてるなどの症状
が出たら、
熱中症のサインです。

一時的に意識が遠のいたり、
腹痛などの症状が出る場合もあります。

めまいは熱中症の初期症状です。

めまいの対処法は、
熱中症時の上手な水分と塩分の補給です。

熱中症のサインに気がついたら、
症状を悪化させないためにも、
上手な水分補給・塩分補給を行いましょう。

 「症状2」筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、
手足の筋肉がつるなどの症状が、
出る場合があります。

筋肉がピクピクとけいれんしたり、
硬くなることもあります。

 「症状3」体のだるさや吐き気

体がぐったりし、力が入らなくなり、
吐き気やおう吐、頭痛
などを、
伴う場合もあります。

 「症状4」汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる
もしくはまったく汗をかいていないなど、
汗のかきかたに異常がある場合には、
熱中症にかかっている危険性があります。

 「症状5」体温が高い、皮ふの異常

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、
皮ふが赤く乾いているなどの症状も、
熱中症のサインです。

 「症状6」呼びかけに反応しないし、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、
おかしな返答をしたりします。

または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、
まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、
重度の熱中症にかかっています。

すぐ医療機関を受診しましょう。

 「症状7」水分補給ができない

呼びかけに反応しないなど、
自分で上手に水分補給ができない場合は、
大変危険な状態です。

この場合は、
むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。
すぐ医療機関を受診しましょう。

症状1〜5は、危険な状態です。
症状6〜7は、大変危険な状態です。

どのような症状にしても、危険な状態なので、
医療機関を受診しましょう!

しかし、日頃から、このような症状が出ないように、
熱中症の予防・対策を行なっていきましょう。


  熱中症の予防と対策


いつでもどこでもだれでも、
条件次第で熱中症にかかる危険性があります。

熱中症は正しい予防方法を知り、
普段から気をつけることで防ぐことができます。

初夏や梅雨明け・夏休み明けなど、
体が暑さに慣れていないのに、
気温が急上昇するときは特に危険です。

無理せず、徐々に体を慣らすようにしましょう。

 「対策1」シーズンを通して、暑さに負けない体づくりを続ける

熱中症を予防するためには、
暑さに負けない体作りが大切です。

気温が上がり始める初夏から、
日常的に適度な運動を行い、
適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。

「水分を」こまめにとること、
「塩分を」ほどよく取ること、
「睡眠環境を」快適に保つこと、
「丈夫な体を」作ること。

簡単なようですが、なかなかできないものです。
できることから始めてみてはいかがでしょうか。


 「対策2」日々の生活の中で、暑さに対する工夫をする

暑さは日々の生活の中で、
工夫や心がけでやわらげることができます。

適度な空調で室内の温度を快適に保ったり、
衣服を工夫することで、
熱中症の危険を避けやすくなります。

日よけをして直射日光を避けましょう。
自分のいる環境の熱中症危険度を、
常に気にする習慣をつけることも重要です。

「気温と湿度を」いつも気にしてみる、
「室内を」涼しくしてみる、
「衣服を」工夫してみる、
「日ざしを」よける、
「冷却グッズを」身につける。

電気代が気になるからと言って、
節約していると、熱中症の危険性があります。

こうした、ちょっとしてことから試してみて、
あなたの、快適な室内や温度を知ることで、
熱中症の危険から身を守っていきましょう。


  まとめ!

まだまだ対策はありますが、
あなたが出来ることは限られています。

いまあなたののいる環境がどのような状態なのかを知ることは、
熱中症予防のたいせつなポイントになります。

熱中症の発生には、体調が大きく影響します。

あなたのいる環境を知ることとあわせて、
あなたの体を知り、体調に敏感になりましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください