端午の節句とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  端午の節句とは?

初めての端午の節句
迎えられるあなた、おめでとうございます!

おめでとうございますって、
なにが?
おめでたいことなの?

お祝いごとなの?
なにをするの?
それって風習なの?
お祝いの仕方は?

色々な悩みがあると思います。

その意味を知っておくだけでも、
わが子を想う気持ち
変わってくる思います。

ということで、意味や由来を調べてみました。
参考にしていただけると嬉しいです。


  「端午の節句とは?」

端午(たんご)は五節句の一つです。

端午の節句は、
菖蒲(しょうぶ)の節句とも呼ばれるそうです。

なぜなら、菖蒲の葉の形が剣を連想させる
所からきているそうです。

端午は男の子の節句で、
成長を祝い健康を祈るようになりました。


日本では5月5日に行われ、
国民の祝日「こどもの日」になっています。

男の子のための、誕生お祝いのためだけに、
出来たのが「端午の節句」なんですね。

ちなみに、旧暦や月遅れの6月5日に
行事を行う地域もあるそうですよ。


  「端午の言葉の意味」

旧暦では午(ご)の月は5月で、
この午の月の最初の午の日を
節句として祝っていました。

そして、5が重なる、5月の5日が、
端午の節句の日になったということです。

端午の「端」は、
物のはし、つまり「始り」という意味だそうです。

「端午」とは、
月の始めの午(ご)の日のことになります。

ちなみに、同じように、
奇数の月と日が重なる、
3月3日や7月7日や9月9日も、
節句になっていますね。


  「お祝いの仕方」

男の子のお祝いなので、
鎧、兜、刀、武者人形などの、
五月人形を室内に飾ります。

そして、庭にこいのぼりを立てるのが、
典型的な祝い方とされています。

その意味として、

鎧や兜には、
男の子の身体を守るという意味合いが、
込められています。

こいのぼりは、
男の子の出世を祈願しています。

そして、5色の吹き流しと3匹のこいのぼりが、
一般的
といわれています。
子供服通販サイト【スキップランド】

また、ちまきやかしわもちを食べる風習もあります。

ちまきを食べるのは、

中国戦国時代の、
楚の国王の側近であった屈原の命日で、

国民たちが、ちまきを川に投げ込み、
魚達が屈原の遺体を食べるのを、
阻止したことに由来して、
日本に流れてきたようです。

柏餅を食べるのは、日本独自のもので、
柏は新芽が出るまで
古い葉が落ちないことから、

家系が絶えないということで、縁起物として、
広まっていったそうです。


  まとめ!

男の赤ちゃんをもつ家庭にとっては、
初節句となるため、
親族総出で祝われることも多いそうですよ。

とにかく、
元気で健康で健やかに育ってほしい、
ということをお祝いする、

男の子の節句、端午の節句ということですね。

そういう気持ちで初節句を迎えると、
ますます、あなたの子供が、
大切に想えるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください