入学式や卒園式の服装の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  卒園式や入学式の服装選び、

初めての卒園式・入学式
迎えられる方は、悩みの一つだと思います。

どんなのがいいのか、迷いますよね。

一番良い方法は、先輩ママに聞くことです。
でも、先輩ママがいない方は、
分からないですよね!!

なので、その時に、
困ったことや良かったことや、
何が必要なのかなどを、まとめてみました。

ぜひ、参考にしてみて下さいね^^


  服装の種類としては、

スーツやワンピースや着物などが、
ありますね。

定番は、何と言ってもスーツですね。

でも、スーツと言っても、
組み合わせがあります。

これは、また後で話をしますね!


  次に、服装の色ですが、

入学式だと、
白や上下別の色ものが多いようです。

でも、卒園式や予算のことを考えると、
グレー・黒・紺系が、無難だと言えます。


  入学式の服装でのよかった点

<色>

・入学式では、明るい色は春らしくてよかった。

地味な色でも、無難にまとまった。
・黒でも刺繍の入ったものなら華やかになった。

<形>

・スーツで歩きやすかった。
・ワンピースは体型を気にせず、楽に着られる。

・着物は流行がないから安心。

振袖レンタル

  入学式の服装での困った点

<色>

・入学式で、明るくて薄い春っぽい色にしたが、
 汚れが気になって気疲れした。

・白は汚れや透けが気になってしまう。
・靴だけ黒にしてしまい、浮いてしまった。

明るい色のものは、汚れや中が透けてないかが、
気になってしまい、大事なお子さんの、
入学式や卒業式を見届けられないかもしれませんね。

一概には言えませんが^^

<形>

・付属の飾りがずれて気になった。
・コサージュはなくてもよかったのかも。

・スーツは、同じように見える人が多かった。

・入園式のときに買ったもので、型が少し古くなっていた。
・サイズがきつくなっていた。

卒業式や入学式のせめて、一か月前には、
あなたのサイズの確認をした方が良さそうですよ。


  服選びで気を遣った点

・子どもが主役なので、親は地味すぎず、派手すぎず、
 周囲とのバランスを重視した。

・椅子に座っても、いやらしくならない丈がよかった。

・上着を脱ぐなど、室温に合わせて調整できるものを選んだが、
 ギリギリまで生地の厚さに迷った。

・卒園式でも着れて、普段でも着回しができるものを選び、
 フリルのついたブラウスなどで華やかにした。

・家族でのまとまりを意識した。
 子どもが一番かわいくなるように。

・デザインや色がスーツに合っていて、
 かつ歩きやすい靴や持ちやすいバッグを選ぶのが、
 結構難しかった。

先輩ママは、いろんなことを考えて、
服装を選んでいますね。
でも一番は、あなたの子供ですよね!


  ここで、卒園式と入学式の服装のマナーを話しておきますね。

卒園・卒業式は、一般的に、
お祝いとともに、お世話になった先生方とのお別れや、
感謝の気持ちを込める意味合いもあり、
黒やグレーなどの落ち着いた色が定番になります。

入園・入学式は、出会いと新生活の始まりという、
希望や喜びに満ちたお祝いなので、
春らしい華やかさのある服装をすることが多いということです。

ただし、
伝統的に黒のスーツが大半だったり、
逆に黒が少なく目立つなど、
それぞれの学校のマナーもあります。

本当は、先輩保護者の話を聞けると安心ですね。


  流行はセットスーツ、

ジャケット+ワンピース+スカートの3点セット。
ジャケット+スカート+パンツの3点セット。
ワンピース+ジャケットのアンサンブルの2点セット。

上記のようなバリエーションが増えて、
普段もそれぞれを別々に着回したいというママたちに人気です。

人気ブランドが集結!【FASHIONWALKER】なら送料無料

  髪型や、アクセサリー、コサージュは、

<髪型>

・ショートカットにコサージュ。
・着物+髪は、洋風のアップスタイル。

・コテで巻き髪風。
・サイドをとってアップにして、髪留めで留める。

<アクセサリー>

・生花でのコサージュ。
・パールのロングネックレス(多数)。

・スワロフスキーの髪留め。
・バレッタやカチューシャ。


  まとめ!

まひろなら、普段着にも使えて、
卒園・卒業式、入学式にも使えるものを、
選びますね。

やはり、スーツかなぁ。

まひろの場合、
色は、グレー系で、
ワンピースのアンサンブル(コサージュ付き)なら、
体系も気にしなくてもいいし、あまりお金をかけたくないので。。。

アクセサリーや靴やバッグは、黒系で済ませれば、
と考えてしまいますね。

まひろにお金をかけるよりも、
子供にお金をかけた方がいいと考えているからです^^

あなたも、これで悩まなくても大丈夫ですよね!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください