観葉植物に人気の種類!20種!特徴や育て方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  1)ハートカズラ

かわいらしいハート形の葉っぱから、
「ラブチェーン」とも呼ばれている観葉植物です

つる性で日光をよく好むことから、
日当たりのよい場所の壁掛けにおすすめです。

緑色のつるや葉っぱのものが一般的ですが、
中にはピンク色の品種もあります。

多湿による根腐れを起こしやすいため、
風通しがよく、土の乾きやすい環境を作ることが大切です。

また、寒さにやや弱いので、
日当たりを意識するとかわいらしい葉っぱを長く楽しめますよ。


  2)ワイヤープランツ

ワイヤープランツは、
針金のような赤茶色の茎に卵型の小さな葉っぱを密に付ける,
観葉植物です。

生長すると横に広がっていくので、
観葉植物の寄せ植えでも活躍してくれます。

温暖地なら屋外で越冬できるほど耐寒性が強く
室内置きでは寒さで枯れることはほとんどありません。

日光に十分当てた株ほど、
細かく枝分かれして美しく茂りますよ。


  3)金のなる木(カネノナルキ)

金のなる木は多肉植物の一種で、
縁起を担ぐ風水の観葉植物として人気です。

丸くぷっくりと膨れた葉っぱが特徴的で、
その昔、商人が茎に硬貨(五円玉)をはめて、
お金が実ったように育てて売りだしたことが、
名前の由来になったと言われています。

慣らせば直射日光の下でも平気なほど、
お日様の好きな植物です。

斑入り品種以外は窓辺でよく日に当てて育てます。

せっかくなら金運をつかさどる西や北の方位に置いて、
運気アップを狙ってみてはいかがでしょうか。


  4)ニームの木(ミラクルニーム/インドセンダン)

ジャスミンに似た甘い香りの花を咲かせるニームの木!

薬草やハーブとして古くから利用され、
虫除けの植物として原産地のインドで親しまれてきました。

最近は、鉢植えにして親しまれることが、
増えてきている観葉植物です。

寒さにとても弱い室内栽培向きの観葉植物で、
15度以下になると生育が著しく鈍ります。

冬に寒さに当たると一時的に落葉することがありますが、
株が生きていれば春には新芽が伸びるので、
諦めずに見守ってみてください。


  5)コーヒーの木(コーヒーノキ)

コーヒーの木は、
浮き出た葉脈と波打つ葉っぱのきれいな観葉植物です。
Coffee beans on a branch of tree


その名の通り、コーヒーの原料となるマメを実らせます。

5〜6月には、白い花を開花させ、
コーヒー好きにはたまらない香りを漂わせてくれますよ。

光沢のある美しい緑葉を維持するために、
日光のよく当たる窓辺で管理しましょう。

夏は明るい日陰に移動させ、
冬は10度以上を保てる日当たりのよい場所に置くのが、
コーヒーの木を育てるポイントです。


  6)プレクトランサス

鉢花として栽培されるほか、
観葉植物として人気のあるシソ科の多年草です。

シソの仲間なので、縁がギザギザした丸く広い葉っぱを付けます。

緑色以外には、カラフルな葉っぱの品種もたくさんあるため、
カラーリーフとしても人気があります。

直射日光に当てると葉焼けを起こすので、
1年を通してレースのカーテン越しに置いて管理します。

耐寒性が少し低いので、
午前中に日光をたくさん浴びさせるようにすると生育が促せますよ。


  7)シュガーバイン

パッと手を広げたような5枚の葉っぱが、
チャームポイントの観葉植物です。

ツタ属に分類され、生育旺盛なのでどんどんとツタを伸ばしていきます。

白いインテリアと相性がよく、
ホワイト系の吊り鉢に植えて飾るとおしゃれな空間を演出できますよ。

日照不足だと葉色が淡くなって弱い株になるので、
やわらかい光の差しこむ明るい場所で育てましょう。


  8)フィロデンドロン

ハートやギザギザ、
丸い葉っぱなどのユニークな葉形が特徴の観葉植物です。

直射日光は苦手ですが、
日当たりが悪い場所で育てると株が弱ってしまいます。

また、あまり奥まった部屋に置くと徒長するので注意します。

セローム種を除いて寒さに弱いので、
真冬でも10度以上の気温が保てる場所で管理してください。


  9)トックリラン

株元がトックリのように膨らむトックリラン。

高い位置でまとまって垂れる細長い葉っぱから、
「ポニーテール」とも呼ばれます。

樹齢が10年をこえると花を咲かせるという特徴を待ちます。

観葉植物の中では比較的寒さに強く、
室内の半日陰ならまず問題なく冬を越せますよ。

できるだけ日当たりのよい場所で育てると、
丈の詰まった立派な株になります。


  10)エバーフレッシュ

都会的でおしゃれな雰囲気を持つネムノキの仲間です。

夜になると葉っぱを閉じる姿が、
まるで眠ったように見えてかわいいと人気。

日照が不足すると徐々に葉っぱが落ちて、
最後には枯れてしまうため、
なるべく窓際の明るい場所に置くようにします。

根がどんどん伸びていくので、株よりも一回り大きく、
深い鉢を利用するのがおすすめです。


  11)カポック(シェフレラ)

カポックは、少々のことではへこたれない丈夫さが強みの観葉植物です。

丸く横へ広がる葉っぱを複数枚付ける姿がかわいらしく、
世界に150種ほどが自生しています。

珍しい班入り品種などは観葉植物として人気があります。

カポックは、環境への適応力が高く、
カーテン越しに日が差すような場所なら問題なく生育します。

屋外で冬越しできる耐寒性の強さも魅力で、
初心者の方でも安心してチャレンジできる観葉植物です。


  12)アジアンタム

涼しげな小さな葉っぱがかわいらしいアジアンタム。

花や種を付けない「シダ植物」に属する観葉植物です。
13326423Tue Nov 24 11:37:48 JST 2009


1年中鮮やかでかわいらしい葉っぱでお部屋の雰囲気を明るくしてくれます。

少々の日陰なら耐えますが、
できれば間接光が当たるような明るい部屋で育てましょう。

乾燥にとにかく弱く、
水切れすると葉っぱがチリチリになって枯れてしまいます。

手入れを頻繁にできないなら、
浴室やキッチンなど湿度の高い場所に置くとよいですよ。


  13)ピレア

グランドカバーにもよく利用されている観葉植物です。

高い耐陰性を利用した、
日陰の花壇(シェードガーデン)に人気があります。

日照不足で間延びした茎は元に戻らないので、
半分くらいに切り戻して明るい日陰に置きましょう。

葉っぱのきれいな模様を維持するには、
強い日差しや夏の直射日光に当てないことが大切です。


  14)シンゴニウム

さわやかな雰囲気を持つサトイモ科の植物です。

つる性の植物で、
最盛期の夏にはどんどん葉っぱが伸びていきます。

葉っぱの筋が白色になる班入り品種や、
鮮やかな緑色の葉っぱなど葉色は様々です。

キツネの顔のようなかわいい葉っぱは幼葉で、
強い日差しに当てるとやわらかい葉が焼けてしまいます。

しかし、高温多湿の過酷な環境にも耐える力があるので、
浴室や洗面所でも育てることができますよ。


  15)ユッカ

耐陰性が高く日陰でも育てられる観葉植物です。

細長く尖った葉っぱを上向きに付け、
1株置いておくだけで南国の雰囲気が味わえます。

初心者の方でも育てやすく
贈り物としても人気があります。

別名「青年の木」と呼ばれ、
静観な印象から男性へのプレゼントにおすすめです。


  16)アイビー(ヘデラ)

星形の葉っぱがかわいらしいつる性の植物です。
ivy


耐寒性が高く、壁掛け、寄せ植えなど、
ハンギングに利用する観葉植物として人気があります。

風水的には健康運や金運を高めてくれるため、
トイレにおくのがおすすめです。

明るい日陰で乾燥させすぎないのが、
アイビーを上手に育てるポイントです。

剪定する時期を選ばないので、
自由に樹形を変えられるのがうれしいポイントになります。

初めて観葉植物を育てる方でも栽培しやすい植物です。


  17)ペペロミア グラベラ

白やベージュのマーブル模様の葉っぱがおしゃれなペペロミア。

肉厚で丸みのある葉っぱから、細く尖った葉っぱまで、
同じ植物とは思えないほど多様な葉姿で、
見る人を楽しませてくれる観葉植物です。

ほふく性で草丈の低い育てやすい品種です。

強い日差しが苦手なので、
1年を通して直射日光の当たらない場所で管理しましょう。

冬は明るい窓辺に移動させ、
風通しをよくして乾かし気味に管理します。


  18)アグラオネマ

ハリウッド映画の巨匠リュック・べッソン監督の映画「レオン」にも、
登場した観葉植物です。

種類によって葉っぱの模様や色が違うことが人気のです。

自生地では光が十分に届かない林床部に生えるため、
かなりの日陰にも耐えることができます。

濃淡のはっきりしたアーミー柄の葉っぱは、
ちょっとハードでワイルドなお部屋におすすめです。


  19)スパティフィラム

すっとした優雅な草姿と涼しげな白い花が魅力の観葉植物です。

「上品な淑女」という花言葉を持つように、
女性へのプレゼントに人気があリます。

グリーンの葉っぱを楽しむだけなら日陰で十分ですが、
花を咲かせるにはある程度の日照も必要です。

夏は日差しを避けた日陰に置き、
冬は日当たりのよい場所に移動
させるとよいです。


  30)シュロチク(棕櫚竹)

アジアンリゾート風のインテリアに欠かせない観葉植物ですよ。

竹のようにすっと伸びた茎から、
細長い葉っぱをいくつも生やします。

耐陰性に優れある程度の明るさがあれば、
どこでも楽しめる観葉植物です。

まったく光の当たらない場所ではいずれ枯れてしまうので、
ときどきカーテン越しに日光浴をさせてあげましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください