さつまいもおやつレシピ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  さつまいもが、

美味しい時期になりました!

おやつにぴったりのさつまいものレシピですよ。

スティック形なので、食べ易く子供にも大好評です。
では、レシピをご紹介しますね。


  材料 (約3人分)

さつまいも <1本(約250g)>
バター <15~20g>
塩・コショー <適量>
砂糖大さじ <1/2くらい>


  作り方

1)さつまいもは皮ごと1cm厚さの斜め切り、
又は輪切りにし、
更に1cm幅に切り水にさらしてアク抜きをします。

2)10分くらい水にさらしたら、
水気を切りすぎない程度にして皿にのせ、
ラップをかけレンジで(500w)で3分くらい加熱します。

3)フライパンを熱してバターをとかし、
さつまいもを入れて塩・コショーの適量を入れて焼きます。

4)最後に砂糖の1/2をからめながら焼いて出来上がりです。


  コツとポイントは、

レンジでチンする時に、
さつま芋が柔らかくなり過ぎると、
焼く時にくずれてしまうので、
多少、堅さが残っている程度にチンしておきましょう。

おやつとして食べるときは、
砂糖の量をもう少し増やしても美味しいです!


  ちなみに、日本における主産地は


鹿児島県、茨城県、千葉県、宮崎県、徳島県全国のトップ5県です。

この内、上位4県(鹿児島県・茨城県・千葉県・宮崎県)で、
全国の8割を占めています。

とりわけ鹿児島県は、
全国の生産量約81万トンの4割弱を産出しています。

同県ではデンプン原料用としての作付けも多いということです。

産地には、いくつか理由があリます。

まず、サツマイモの栽培に適した水はけの良い、
火山灰を含んだ土地が鹿児島に広がっていることです。

サツマイモは地上に実を付けないため、
比較的風害にも強く、台風がしばしばやってくる鹿児島では、
風害に強い点が他の作物よりも有利だったこともあります。


  ブランド産地

鹿児島県・・知覧紅(ちらんべに)・ 安納芋(あんのういも)
徳島県・・・鳴門金時(なるときんとき)
石川県・・・五郎島金時(ごろうじまきんとき・ 加賀野菜)


  まとめ!

makoは、安納芋(あんのういも)のふかし芋も、
とても美味しく、大好きです。

さつまいもレシピで、子供達も、あなたも、
楽しい気持ちになれたらいいですね(о´∀`о)

でもまずは、レシピをマスターしましょうね^_^


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください