紅葉の見頃?いつ?長崎県!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  長崎県の紅葉スポット

長崎県の紅葉スポットは、
いったいどこでしょうか?

紅葉をみてどうなのか?
行ってどうなるのか?

赤色や黄色に染まった紅葉!

川の流れの音を聞きながら、
心を落ち着かせ、癒されましょう!!

そうです!

心や身体をを癒しに行くんです。

仕事の疲れ、気疲れ、
などなど色々あると思います。

こういったストレスを、
紅葉を見て、心を身体を癒しに行きましょう。

そのために、今回2件の長崎県の紅葉スポットを、
調べてみました。


  轟峡(とどろききょう)

長崎県の諫早市にあります。

名水百選の清流に映える鮮やかな木々達。

例年の色づき始めは、
11月中旬ごろです。

そして、紅葉見頃は、
11月中旬~12月上旬になります。

黄色(イチョウ等)、赤色(モミジ等)の、
紅葉を見てくれます。

大小30余りの滝を連ねる県下有数の清流で、
名水百選にも選ばれています。

落水の爆音の迫力のある轟(とどろき)の滝や、
太陽の光を浴びて、
虹が架かる楊柳の滝がなんとも美しいところです。

太龍の滝では流れ落ちる清流と、
色づくモミジ(赤色)やカエデ(黄色)で、
鮮やかに色づいた紅葉を一度に望むことができます。


  雲仙(うんぜん)

長崎県の雲仙市にあります。

色付いた山肌の美しさは圧巻です!

例年の色づき始めは、
10月中旬~10月下旬です。

そして紅葉見頃は、
10月下旬~11月上旬になります。

紅葉祭りが開催され、
黄色(イチョウ等)・赤色(モミジ等)の、
紅葉が見れますよ。


そして、「国指定名勝」となっています。

「国指定名勝」とは、
日本における文化財の種類のひとつで、
芸術上または観賞上価値が高い土地について、

日本国および地方公共団体が指定を行ったものです。
文化財保護法第109条第1項において規定された、
国指定の文化財の種類のひとつになります。

雲仙は紅葉する植物が120種類以上と言われています。

この一帯は西日本の典型的な紅葉として、
国の天然記念物(普賢岳広葉樹林)に指定されています。

10月下旬には、
緑濃いモミ、ヤマグルマ等の紅と自然が生み出す色の対比が、
「錦しゅう」と呼ぶにふさわしいあざやかな景観を見せてくれます。

景観を楽しむ場所は普賢岳です。

妙見岳など各山の山頂や仁田峠展望台がありますが、
国見岳山頂からの景観は特に素晴らしいと言われています。


  紅葉見どころ!まとめ

今回は、この2つの場所の紹介を、
させていただきました。

行く価値はあると思っております。

轟峡も雲仙も言ったことはありますが、
本当に圧巻です!

ほぉ~と、ため息が出てくるほどです。

紅葉をみて、緑を見て、
心も体もリフレッシュして、
また、明日から頑張りましょう!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください