観葉植物に人気の種類10選!人気の理由や特徴は?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  緑色がもたらす心理効果とは?

あなたも一度は見たことがあるでしょう。
「虹」を思い出してみてください。

虹は7色の光の光線で作られていますよね。
その7色の虹の真中の色を覚えていますか?

その真中の色は緑色なのです。

緑色は、中立の立場であること、
そして、バランスが取れるという心理が隠れています。
調和を取り、尊重し大切にするということです。

また、身体の部分では心臓部分の色だということを、
知っていましたか?

緑色の意味がリンクしませんよね(−_−;)

あなたの心の状態には、当てはまらないと感じた時、
心臓に関することと繋がっていることもあるそうです。

ある日突然緑色を好むようになったけど、
緑色の持つ意味や心理状況が当てはまらない時は、
心臓に関することを意識してみてください。

その他の意味では、
パノラマ的な気づきという意味もあります。
視野を広げて物事を冷静に判断していく時期という説もあります。

近況に何か変化が起きた時、
ライフスタイルを見直す時という意味も含まれています。

樹木からはフィトンチッドという揮発成分が出ており、
自律神経を整えて精神をリラックスさせる効果があるんです。

このことから、1年中緑色の葉っぱで部屋を彩ってくれる観葉植物は、
日々頑張っている人にやすらぎを与える存在となってくれますよ。

今回は、そんなインテリアに取り入れたい観葉植物の中から、
人気の種類を10種ご紹介します。


  1)ガジュマル

株元の気根がユニークな樹形を作り出す観葉植物。

自生地の沖縄では、「多幸の木」「幸せを呼ぶ木」とされ、
古くから人々に大切にされてきました。

「健康」という花言葉も縁起がよく、
年齢を問わず多くの人に親しまれる、
インテリアプランツとなっています。

乾燥が苦手で、
特に生育期の春~秋にはたくさんの水を必要とします。

土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えれば、
ぐんぐん幹や枝を伸ばしてくれますよ。


  2)パキラ

熱帯アメリカが原産のパキラは、
しなやかな枝や大きな葉っぱが穏やかな雰囲気を演出する、
観葉植物の代表的な存在です。

生長が早く、すぐに樹高が高くなるので、
リビングや玄関などの広い場所で育てていくとよいですよ。

春に剪定をすると、夏にみずみずしい新葉が生え、
美しい樹形を楽しめます。

観葉植物の手入れの基本をパキラで学べるので、
初心者の方が栽培すると他の観葉植物も育成しやすくなりますよ。


  3)モンステラ

深い切れ込みの入った葉っぱが、
ジャングルの怪物のように見えることから名付けられた、
南アメリカ原産の常緑樹です。

独特な姿の葉っぱが、
ハワイアンキルトのモチーフによく使われることから、
お部屋に飾ればリゾート気分を味わえます。

強い日光を嫌いますが、
日陰だと細い茎ばかりが生えて間延びした姿になるので、
窓から少し離れた明るい日陰で育てるようにしてみましょう。


  4)サンスベリア

地面から突き立つように茎を、
空へ向かってまっすぐ伸ばす姿が印象的な観葉植物です。

虎柄の葉っぱから「虎の尾」という和名が付けられており、
空気清浄効果の高い植物としても知られています。

エキゾチックな見た目から、
1株あるだけでお部屋の雰囲気をガラッと変えてくれます。

100円均一でも手軽に購入でき、
管理も簡単なので、
会社のデスクで小さな鉢植えを育てるのも楽しいですね。


  5)ユーカリ

ユーカリといえば、
コアラが食べる葉っぱが有名ですね。

薄く細長く尖った葉っぱが涼しげで、
近年人気が高まっています。

たくさんの種類があり、香りや葉っぱの形も様々です。
自分のお気に入りのものを見つける楽しみがありますよ。

ただし、オーストラリアが原産で、
寒さにはとても弱く、日本の冬を屋外で越すことはできません。

室内に取り込みやすいよう鉢植えにし、
日当たりと風通しのよい場所で育てていきましょう。


  6)ポトス

卵型の葉っぱが美しく、
どんどんつるを伸ばして生長する丈夫な観葉植物 です。

斑入りの品種が人気で、
花壇や寄せ植えの彩りとしても人気があります。

ポトスの一押しポイントは、耐陰性の強さです。

ほとんど日光を必要としないので、
一人暮らしの部屋や、トイレなどで育てるのに向いています。

また、葉っぱの付いたつるを水に挿しておくだけでも、
根が生えて数を増やすことができます。

壁掛けやハンギングなど、
ちょっとしたスペースに飾りたいという方におすすめです。


  7)フィカス・ウンベラータ

大きなハート型の葉っぱを持つウンベラータは、
「すこやか」「永久の幸せ」という花言葉から、
結婚や出産祝いに人気の観葉植物です。

温かく湿度の高い場所が大好きで、
暗い場所でも元気に育ってくれる耐陰性を持っていますよ。

繊細な見た目に反して生長が早く、
ちょっとのことでは枯れない強さが魅力となっています。

見た目にクセがないので、どんなインテリアのお部屋でもよく合います。


  8)月桂樹(ゲッケイジュ)

葉っぱがローリエという、
ハーブ名でも知られる月桂樹。


古代ギリシャでは太陽神アポロンの木として信仰され、
オリンピックには月桂樹の枝で作られた冠が授けられていました。

常緑で、葉っぱや幹の姿が繊細な印象を与えることから、
人気の観葉植物の1種となっていますね。

また、横に広がらず上に伸びていく性質から、
育てるスペースがそれほど必要ないこともポイントです。

生育は旺盛なので、毎年枝を切りそろえてあげてください。


  9)ドラセナ

その種類は50種以上あります。

中でもよく知られているのが、
幸福の木と呼ばれる「ドラセナ・マッサンゲアナ」や、
ミリオンバンブーの別名で親しまれるドラセナ・サンデリアーナです。

どれも、突き刺さりそうに細く尖った葉っぱが特徴で、
涼やかな雰囲気があります。

観葉植物には珍しく、乾燥した環境を好むので、
どの種類であっても土が乾いてから水やりをするのが、
元気に育てるポイントになってきます。


  10)オリーブ

地中海を思わせる銀色がかった葉っぱがエレガントなオリーブです。

根強い人気があり、
テラコッタ鉢に植え付けて育てている人も、
多いのではないでしょうか。

また、公園樹としてもよく見かけるようになりました。

その姿を見て楽しむだけでなく、
実を収穫して楽しむのもオリーブを栽培する醍醐味です。

実を付けさせたいときは、
違う種類の2本以上近くに植えるとよいですよ。
収穫した実は、塩漬けなどにしておいしく味わえます。


  観葉植物厳選10種

話してきましたが、
まひろ的には、サンスベリアが初心者向けかなと、
思います。。

どんどん増えていくからです。
ま、それだけの理由なんですがね。

モンテスラを、100円均一で買ってきて、
育てています。

観葉植物があるのって、本当に癒されますよ!

あ、モンテスラの他に、
アイビー、ポトス、多肉植物を、玄関に置いてます!

緑色があるって、いいものですね(о´∀`о)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください