七五三の時期は?満年齢?数え年?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  七五三をお祝いは、

数え年にした方が良いのか、
満年齢でした方が良いのか、悩みますよね。

それに、お参りをする日時はいつが良いのか、
はっきりわかっていない方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたや、パパ・ママのために、
お参りの時期や満年齢なのか、数え年なのか、
について説明していきますね^^


  満年齢なのか?数え年でのお参りが正しいのか?

数え年とは、

古来の日本において、年齢を数えるとき、
生まれた日を1歳として計算していました。

満年齢とは、

現在では生まれてから一年後の誕生日を、
1歳とする満年齢で計算する
ことが多くなっています。

昔は数え年で七五三を祝うのがほとんどでした。

現在数え年はもちろん、満年齢で祝っても良いとされています。

ということは、数え年でも、満年齢でも、
どちらでも良いということがわかりますね!


  では、お祝いは、数え年?満年齢?

数え年・満年齢どちらでも、
七五三のお参りをしてもOKなのがわかったので、

例えば3歳のお祝いを数え年で行う場合は、
満年齢でいうと2歳で七五三のお祝いをすることになりますね。

子供の成長はとても速いです。
2歳と3歳では身長や見た目など、
1年で大きく変わることもあります。

まだ赤ちゃんの頃のあどけなさが残るかわいいうちに
七五三のお祝いをして写真に残したいのなら、
数え年でお祝いするのが良いのでないでしょうか。

2歳では、
着物を着てしっかり歩くことができないことも多いので、
すぐに疲れてしまうのが心配な時には、
3歳になってからお祝いをすると良いのではないしょうか。

兄弟姉妹がいる場合は上の子は満年齢、
下の子は数え年で一緒にお祝いするなど、

現代の七五三は子供の年齢に合わせて
時期を選ぶことが多くなっていますよ。
振袖レンタル


  時期は?11月15日にお参りに行かなければいけないの?

七五三のお祝いをする子供がいるけれど、
お母さんが二人目の赤ちゃんを妊娠して体調が崩して、
などのケースも少なくはありません。

あなたの家庭によって事情はさまざまありますよね。

まひろ場合は、主人の調子が悪かったので、
お参りは人の少ない朝一に行って着物は着せずスーツで、
それに、お祝いは家で簡単にしました。

子供達も、満年齢でお参りして、
写真は別の日に予約して、
子供達には、3歳の時には羽織を、5歳の時には着物を着せて、
家族写真を撮りました。

という感じで、
無理に11月15日にお参りに行くことはありません。

絶対11月15日に行かなければいけないと考えるのではなく、
前後1、2ヶ月にあたる9月~12月初旬ぐらいで、
あなたの、子供やご家族の良いタイミングにお参りをしたり、
お参りをするようにしてはいかがでしょうか?


  混雑期を避けてのお参りもあり!

11月15日の前後になると神社も混雑するので、
ゆっくり参拝し、境内で写真を撮ったりするなら、
時期をずらすのもおすすめですよ。

ベストショットがとれそうな場所には、
どうしても人が集中するので、
急かされてシャッターを押しちゃう場合もありますよね。

でも空いている時期に行こうと思えば、
しっかり構図も考えて、
写真撮影することができるのではないでしょうか!


  早すぎる時期は気温に注意!

混雑時期を避けたいからと早い時期にお参りするときには、
気温に注意しましょう。

極端に暑い時期や寒い時期のお参りでは、
慣れない着物を着ていて熱中症になったり、
風邪をひいてしまったりということも考えられます。

子供は当然ですが、パパママの体調にも十分注意をしましょう。

9月、10月のうちは突然暑くなる日があります。

気を付けないと、慣れない着物で余計に暑くなり、
体調を崩してしまうことがあります。

しかし寒冷地の場合には、早めにお参りをするのがおすすめです。

寒くなってしまいますし、
11月も末になると雪が降って足元が不安なこともあります。


  六曜と時間帯、曜日でも混雑は変わる!?

一般的に大安の日は一日中良い日とされています。
友引も大安に続いて良い日です。

先勝は午前中が良く、午後は良くないとされています。

赤口、先負、仏滅の日には、
神社への参拝はあまりよくない
とされています。

当然、良い日とされる日には必ず混雑することになるでしょうね。

神社の混雑具合としては、
土日祝日で大安の日だともっとも混み合います。

周りの人を気にせずゆっくりお参りをしたいと考えていて、
平日の参拝ができるなら、そちらをおすすめしますよ。

大安の日であっても、特に混み合う午前中を避けて、
午後に参拝してもよいでしょう。


  七五三の時期を大きく外しても大丈夫なの?

都合によっては、
大きく時期を外してしまうということもあると思います。

七五三は子供の成長を報告し、
今後の健やかな成長を祈願する気持ちが大切なので、
時期が外れても大丈夫です。

神社によっては、時期が外れると、
予約を取らないと祈祷を受け付けない場合もあるります。

事前に神社に確認をとって参拝するほうがいいでしょう。


  身内に不幸があった年はどうする?

身内に不幸のあった年のお参りは、
基本的には忌中を避ければ良いとされています。

忌中の期間は故人との関係によって異なります。

パパママから見て、配偶者、父母に、
不幸があった場合は50日間が忌中になります。

その期間を避ければ、神社への参拝、神棚へのお参りができます。

もっとも神社によっては、
喪中(1年間)の参拝を避けるところもあります。

参拝の方法も、鳥居をくぐらないようにする、
拝殿の正面で参らないようにするなどのルールがあるところがあります。

参拝予定の神社に相談してみると良いでしょう。


  以上説明してきましたが、

昔に比べると、意外といける時期があるんだなと、
思いました。

現代風な風習になってきているのではないでしょうか!?

難しく考えず、
あなたの、子供の楽しそうな顔ができるような環境で、
成長を祈って上げれる
といいなと思いました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください