祝儀袋の書き方!表書きと中袋の名前や金額!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  もうすぐ楽しみにしていた友人の結婚式!

あなたは、ご祝儀を用意しようというときに、
ご祝儀袋を前に固まってしまった、
ということはないでしょうか?

ご祝儀袋は上包みと中袋(内袋)に分かれていて、
書き方にはそれぞれ一定のマナーがあります。

これを知らずに書いてしまうと、
礼儀知らずなあなたという、
レッテルを貼られてしまうかもしれませんね。

あなたが、「結婚式の受付で恥をかかないように」

使用する筆記具から、
表書き、名前、中袋(内袋)の書き方まで、
正しいご祝儀袋の書き方を、
ここでしっかり学んでおきましょう。


  毛筆または筆ペンで!ボールペンはNG!

使用する筆記具は、
格式の高い毛筆が基本のマナーです。

毛筆は使い慣れないという人は、
筆ペンでも問題ありません。

ボールペンは事務的に見えてしまうのでNGです。

文字色は濃い黒になります。

筆ペンには薄墨のものもありますが、
これは弔事用です。

間違っても使わないようにご注意くださいね。

薄墨で書くのは、
「涙で墨が薄くなってしまった」、
「急いで駆けつけたので墨をする時間がなかった」、
という意味があるので、お祝い事には不適切です。


  表書き「上包み」の書き方

のしや水引が付いている袋「上包み」といいます。

市販のご祝儀袋の場合、
水引の結び目の上に、
「寿」などの文字が印刷されているはずです。

これを「表書き」といい、お祝いの目的を記します。

表書きが印刷されていないご祝儀袋の場合は、
自分で「寿」または「御結婚御祝」などと書きます。

表書きは「結婚御祝」など、
4文字では縁起が悪いとされています。

水引の結び目の下の部分には、自分の氏名を書きます。

ご祝儀袋によっては、
表書きと氏名を書くところが短冊になっていて、
取り外して書けるものもありますよね。

短冊が2枚入っている場合は、
無地のものを下に重ねましょう。

これには「喜びを2重にする」という意味があります。
決して書き損じ用の予備ではないので、
間違えないようにしましょうね。


  表包みの氏名の書き方1名~連名

水引の結び目の下方には名前を書きますが、
1名なのか連名なのかによって書き方が違ってきます。

それぞれの場合の書き方をご紹介しますね。


<1名の場合>

1名の場合は水引飾りの、
ちょうど下の中央に書きます。

表書きの「寿」や「御結婚御祝」の文字よりも、
少し小さめに書くとバランスがいいでしょう。

姓だけではなくフルネームを記入しましょう。


<連名(夫婦以外)の場合>

フルネームを並べて書きます。

右から左の順に、
目上の人や役職が上の人を並べます。

序列がない場合は、
右から五十音順でOKです。

名前の数は短冊の場合は2名まで、
短冊でなくても3名までが妥当です。

それ以上の人数の場合は、
代表者の名前だけを書き、
左横に小さめの字で「外一同」と書きましょう。

代表者以外の名前は、
別紙(奉書紙や和紙など)に書き、
中袋の中に入れましょう。

別紙に名前を書く際は、
ご祝儀袋の表書きに書くときと、
同様のルールに従いましょう。

<夫婦連名の場合>

夫婦で招待された場合は、
夫の氏名を書き、左側に妻の名前を並べるのが、
すっきりとして綺麗
です(苗字は不要)。

事実婚のカップルのように姓が異なる場合は、
それぞれのフルネームを記入します。

家族で出席する場合で、
子どもの分のご祝儀も包むときは、
子どもの名前も記入します。

子どもが複数いて名前を書けれないときには、
家族の代表者の名前だけを書き

左側に小さめの字で「外家族一同」書き、
別紙(奉書紙や和紙)に、
家族の名前を記入して中袋に入れます。


<肩書きを書く場合>

自分の立場を明確にして、
お祝いを贈りたい時には、
名前に肩書きを付けることもあります。

その際は、名前の右上に、
小さな文字で社名や肩書きなどを書き添えましょう。

肩書きが長い場合は、2行に分けて書きます。


 <宛名(新郎・新婦の名前)を書く場合>

ご祝儀袋の左上にフルネームで記入します。

宛名を連名で送る際は、
左側に目上の人や役職の高い人がくるようにします。

通常の連名の書き方とは反対になるので注意してください。


  中袋(内袋)の表面や裏面の書き方

上包みの中には中袋(内袋)があり、
この中にお祝い金を入れます。

中袋(内袋)には表面の中央に、
「ご祝儀の金額」を記入します。

ご祝儀袋によっては、
中袋に「金」と、
あらかじめ印刷されているものがあります。
その場合はそれに従って書いてください。


ご祝儀の金額は旧漢字で書くのが正式です。
金額の後ろに「也」はつける必要はありません。

上包みと同様に、
毛筆か筆ペンで書いてくださいね。

中袋の裏面には自分の「住所」と「氏名」を書きます。

中袋に住所と氏名を書くのは、ご結婚される相手の事を思って、
上包みを外したときに誰からいただいたご祝儀なのか、
分からなくなるのを防ぐためです。

住所は少し小さめに、
名前は少し大きめに書きます。

結婚式に招待されている場合、
新郎新婦は住所などすべて把握しているため、
氏名だけでも問題ありません。

結婚式に招待されていなくてお祝い金を送る場合は、
先方が結婚内祝いなどの手配をしやすいよう、
郵便番号なども明記しておくと親切です。

中袋に金額、住所、氏名を記入したら、
中にお金を入れます。

お金は新札(ぴんさつ)を用意し、
知っているとは思いますが、
お札の表側が上になるようにします。

お札の肖像画の顔の位置は、
最初に出る向き(上)に来るようにした方が、
きれいに見える
ようです。

封(のり付け)の必要ありません。


  ご祝儀袋に使用する旧漢字

一 → 壱
二 → 弐
三 → 参

五 → 伍(または五)
七 → 七
八 → 八

十 → 拾
万 → 萬
円 → 円(または圓)


  字が上手く書けない人のためのアイデア

ご祝儀袋は毛筆または筆ペンで書くのがマナーです。

でも、字を書くのがあまり上手くないという人にとっては、
なかなかハードルが高いですよね。
そんな人は以下の方法もオススメです。

1)周囲の人に代筆してもらう。

  その人にお願いして書いてもらうのが、
  手っ取り早いですね。
2)筆耕業者に依頼する。

  頼める人がいない、
  頼むのが恥ずかしいという人は、
  プロに筆耕を依頼するという方法もあります。

  ご祝儀袋を扱うショップなどでは、
  袋と込みで代筆を請け負ってくれるところもあるようです。

3)印字をする

  パソコンとプリンターを使い、
  毛筆書体で印刷してもOKです。
  ご祝儀袋に直接印刷するのは難しいので、
  短冊があるタイプを選びましょう。

  ご祝儀袋用の宛名ソフトなども出回っているので、
  インターネットで検索してみてはどうでしょうか。

4)のし袋用スタンプを利用する

  毛筆書体を再現した、
  市販ののし袋用名前スタンプがあるので、
  字が下手な人はこれを利用してもいいでしょう。
  金額は1,000~1,500円程度です。

5)上手に書けるよう練習する

  ご祝儀袋に書くのは、
  自分の名前と住所、金額です。

  パソコンの毛筆書体で打ち出したものをお手本に、
  上手に書けるように練習するのもひとつの方法です。

  短冊がそれほど厚くない紙なら、
  毛筆書体で打ち出した紙を下に敷き、
  上からなぞるという方法もありますよ。


  お祝いの気持ちをご祝儀袋で表現しましょう!

ご祝儀袋の書き方は難しいように見えますが、
マナーを把握してしまえば、
それほど大変なことはありませんよ。

ハードルが高いのは、
毛筆または筆ペンで書くというところでしょうか。

どうしても難しいという人は、
上記で紹介した回避アイデアを活用してみましょう。

しかし、丁寧に心を込めて書けば、
下手な字でも不快に思われることはないはず
です。

あなたも、新郎新婦の幸せに思いを馳せて
書いてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください