お中元の意味と由来!その時期とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  お中元の意味

中元(ちゅうげん)は、
道教に由来する年中行事で、三元の1つです。

「ちなみに、「三元」(さんげん)とは、1年の中で、
 上元(じょうげん)・中元(ちゅうげん)・下元(かげん)の、
 3つの日の総称になります。
 元々は中国の道教の行事になります。」

もともと旧暦の7月15日に行われていました。

しかし現代の日本では、
新暦の7月15日または8月15日に行われています。

この時期に、世話になった人々に贈り物をする習慣を、
特にお中元とも呼びます。


  お中元の由来

地官大帝の誕生日であり、
さまざまな罪が赦される贖罪の行事が、
催されるようになります。

また、地官大帝は地獄の帝でもあるため、
死者の罪が赦されるよう願う行事も催されています。

中国仏教では、この日に祖霊を供養する、
盂蘭盆会をするようになりました。

「ちなみに、「盂蘭盆会」(うらぼんえ)とは、
 7月15日を中心に、
 7月13日から16日の4日間に行われる仏教行事のことです。

 日本での日付は、元々旧暦7月15日を中心に行われていました。

 この行事は、父母や祖霊を供養したり、
 亡き人を偲び仏法に遇う縁とする
ようになりました。
 
 目連尊者の餓鬼道に堕ちた亡母への供養の伝説に、
 由来するとも言われています。」

仏弟子の目連が毎年、亡母を供養した日とされています。

しかし、原始仏教には祖霊供養の習慣はなく、
中国で生まれた創作話であるようです。

日付も中元にこじつけて、
後付けされたとも言われているそうです。

行事としての盂蘭盆会は中国起源であり、
盂蘭盆会は中元と習合し、一体化したそうです。

日本では、盂蘭盆会は道教を通じて習合し、
お盆の行事となりました。





  お中元の時期

日本以外では旧暦7月15日 (旧暦)である。

日本では明治の改暦により、
お盆のように、
地域により7月15日または8月15日となりました。

江戸時代には、先祖への供物と共に、
商い先や世話になった人に贈り物をするようになり、
この習慣を特に中元と呼ぶようになりました。

東日本(特に関東)では7月15日
西日本(特に関西)では8月15日です。

全国的には7月15日が標準とされていて、
8月15日のお中元を「月遅れ」と呼ぶそうです。

贈答はこの日付ちょうどではなくても、
配送の場合は、
この日付までに送ればいいということになります。

少々の遅れも特に問題にはされないので、
「月初めから15日ごろまで」等となるようです。


  日本のお中元

お世話になった人々や、
仕事で付き合いがある人々に、
贈り物をするということです。

表書きの文面や、季節の品揃えを別にすれば、
「お歳暮」とおおよそ同じになります。


  お中元、まとめ

お世話になった方などに、
8月15日までに贈り物をすれば、
「お中元」として出せるということなりますね。

8月15日を多少過ぎても大丈夫だということが、
分かっていただけたと思います。

7月15日から8月15日までの一か月間に、
「お中元」とのしをつけて贈れば、
大丈夫ですね。
年間2000円でジェラートピケがもらえるふるさと納税

言葉がうまく思いつかないのですが・・・///
後は、贈り物をどうするかになってきますね。

まひろは、お世話になった方がどんなものを好むか?
ということを考えて贈るようにしています。

あなたも、お世話になった相手のことを考えて
お中元を贈るようにしてみてはいかがでしょうか!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください