海の日とは?国民の祝日です!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  海の日(うみのひ)は

日本の国民の祝日の一つです。
日付は、7月の第3月曜日になります。

ハッピーマンデー制度という法改正があってから、
現在の曜日になっています。

海の日の意味や由来
ハッピーマンデー制度がどうやってできたのか?
などのお話をしていきます。


  海の日の制定について

海の日は、1995年(平成7年)に制定され、
1996年(平成8年)から施行されました。

制定当初の日付は、7月20日でした。

しかし、2003年(平成15年)の
祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、
現在は、7月の第3月曜日となりました。

ハッピーマンデー制度により、
7月20日の水曜日が、
「海の日」になることはなくなりました。

ハッピーマンデー制度以前も、
海の日が、水曜日になったことはありません。


  海の日の意味

国民の祝日に関する法律の第2条では、
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」
ことを趣旨としています。

国土交通省の文書の記述などによると、

「世界の国々の中で
 『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけ

と言われています。

2007年(平成19年)に制定された、
海洋基本法第13条は、

「国及び地方公共団体は、国民の祝日に関する法律の
 第2条に規定する海の日において
 国民の間に広く海洋についての理解と関心を深めるような行事が
 実施されるよう努めなければならない」

と海の日の行事について定めています。

2003年(平成15年)以降は、

海の日の三連休化になることで、
広く国民に「海」に対する、
理解と認識を高めてもらうために、

海の日を含む7月1日から31日までの1か月間を、
「海の月間」と定めました。


  海の日の行事

海上自衛隊では、
基地・一般港湾等に停泊している自衛艦において、

満艦飾(まんかんしょく)
=「(祝いのしるしに)
  軍艦が信号旗などで飾り立てること」
が行われます。

最初に、海の日が制定された1996年(平成8年)以降、
7月20日から31日までの12日間を、
「海の旬間(じゅんかん)」としました。

それは、国土交通省海事局が中心となり、
地方公共団体、海事関係団体などとともに、
海事思想の普及のための活動を実施してきたそうです。

「海フェスタ」を始めたのも、
国土交通省海事局が中心となりました。

それに、全国各地で行われる海に関する、
いろいろな
イベントの紹介を行っています。

なお2014年に、
 「海の恩恵に感謝する日だったはずが、
  単なるお祭りになってしまった」として、
 超党派の国会議員からなる海事振興連盟により、
 7月20日に固定化する議案が出されたそうです。

 2016年から当初の7月20日に、
 戻そうとする流れにあるとのこと。

2015年、20回目の海の日を記念し、
「海でつながるプロジェクト」が発足しています。

総合海洋政策本部参与会議座長・
日本郵船顧問を務める宮原耕治氏が会長となり、

日本政府や東京海洋大学、
日本財団をはじめとする民間法人などで、
『「海の日」特別行事実行委員会』を結成して、

子供たちを中心に、「海の日」の意義への認識や、
海に対する好奇心を高めてもらうため、
様々なイベントを行っています。


  海の記念日とは

「海の日」と、祝日化される前は、
「海の記念日」という記念日でした。

明治丸は、「海の記念日」の由来となりました。

明治丸とは、1876年(明治9年)に、
明治天皇が東北地方に赴かれました。

その際に、それまでの軍艦ではなく、
灯台巡視の汽船「明治丸」によって、
航海をしました。

そして、7月20日に横浜港に帰着したことにちなみ、
1941年(昭和16年)に、
逓信大臣・村田省蔵の提唱により制定されたそうです。

明治丸はその後、
東京商船学校(現在の東京海洋大学)の、
練習船として使用されています。

そして、東京海洋大学越中島キャンパスに、
保存されているそうです。


  では、ハッピーマンデー制度とは

日本において、

国民の祝日の一部を、
従来の固定日から特定週の月曜日に、
移動させた法改正
です。

ではなぜ、ハッピーマンデー制度に、
法改正されたのでしょうか?

公務員や中規模以上の企業を中心に、
週休2日制が浸透したためです。

月曜日を国民の祝日とする事によって、
土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、
余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定されました。

これらの祝日の設定は、
アメリカ合衆国にある同様の制度(月曜休日統一法)の設定に、
ならったものになるそうです。


  ここで、ハッピーマンデー前の海の日の日付をご紹介

全て7月20日です。

下記は、
1996年(平成8年)から2002年(平成14年)までの、
曜日別になります。

土曜日:1996年
日曜日:1997年
月曜日:1998年
火曜日:1999年
木曜日:2000年
金曜日:2001年
土曜日:2002年

水曜日:ありません。
(1994年当時はまだ制度はありません。
 2005年以降はハッピーマンデーになった後で、
 この年の場合は7月18日の月曜日でした)


  ハッピーマンデー以後の海の日の日付のご紹介

全て月曜日です。

2003年(平成15年)以降、
2050年までの日付別です。
(かっこ内は予定になります)。

7月15日:2013年、
     (2019年・2024年・
      2030年・2041年・2047年)

7月16日:2007年、2012年、
     (2018年・2029年・
      2035年・2040年・2046年)

7月17日:2006年、
     (2017年・2023年・
      2028年・2034年・2045年)

7月18日:2005年、2011年、2016年、
     (2022年・2033年・
      2039年・2044年・2050年)

7月19日:2004年、2010年、
     (2021年・2027年・
      2032年・2038年・2049年)

7月20日:(ハッピーマンデー以前も同じ)
      2009年、2015年、
     (2020年・2026年・
      2037年・2043年・2048年)

7月21日:(ハッピーマンデー以前は振替休日)
      2003年、2008年、2014年、
     (2025年・2031年・2036年・2042年)


  海の日の制定によって、

というか、
パッピーマンデー制度の法改正によって、
働きすぎの日本人に、休暇を楽しんでいただきたい
ということではないでしょうか!

休んで、疲れを癒して、
また、仕事に励んでほしい、
ということですね。

家族だんらんを楽しむのでもよし。
一人で、気楽に旅行なんて、
言うのもありでしょう。

せっかくの三連休、
計画を立てて、リラックスできること
おすすめします!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください