小学校での書道セットの選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  小学3年生から始まる習字

小学校だと、3年生頃から習字が始まり、
書道セットをそろえなければなりません!!

小学校から勧められたセットで、
満足するならいいんです。

でも、値段が高かったり、
   デザインの好みが合わなかったり、
   市販のものでもいいのか?
   どこで、買った方がよいのか?

など、いろいろな事で悩みますよね。

選び方ののポイントや、
中学まで使用することを考えた上での購入の仕方
通販での取り扱いなどを、
ご紹介していきます!

気になる所は、今のうちに解決しておきましょう。


  いろいろな買い方

「学校斡旋」といったスタイルがほとんどです。

「学校指定」なら、それに従いましょう。

学校によって、いろいろですから、
周りのお母さんたちに相談してみると安心です。

授業だけなら、道具に関係なく、
腕前だけの違いしかない、
ということらしいです。

なので、学校斡旋のものが気に入らないなら、
どこで購入しようと大丈夫だと、
考えられますね。

ちなみに、まひろの場合は、
子どもたちは、学校斡旋のものです。


  バッグと中身をバラで買う場合

学校斡旋のものは、
ホームセンターや通販よりも、
値段が高めになっていることも多いです。

なので、中身だけ学校斡旋で買ったり、
かばんだけ学校斡旋でという買い方で
出費を抑えることも出来ます。

学校からお知らせが届いてから、
申し込みまで時間がありますから、
検討してみるのがお勧めです。

それこそ、他のお母さんたちはどうするのかを、
聞く時間があるということですね!


  それぞれの選び方のポイント

< 筆 >

(呉竹)は、書道用具の会社で、
(あやしや)は、書道用筆の会社です。

呉竹やあやしやは、書道の会社なので、
安心だと思います。

(サクラ)は、画材の会社なので、
筆に関しては使えるのかな?!と思います。

学校だけで使用するのであれば、
筆の質が悪くても、
1年に一回買い換えれば、大丈夫ですよ。

筆は、片付け方がとても大事です。

子供たちは、筆の扱いが分からない上に、
毛先がバサバサの状態で持って帰ってきたりします。

放って置くと、筆や巻物などに、カビが生えていたりするので、
こまめに、お母さんが見て洗ってあげるといいと思います。

まひろの場合もそうでした。。。
カビが・・・

なので、持って帰ってくるたびに、
大小の筆や、筆の巻物も洗ってきれいにしてました。

天気のいい日に干しておくと、
乾燥するのでよいと思います。

しかし、高学年になると、
きちんと洗ってくるようになりますよ^^


< 墨汁 >

「洗えば落ちる墨」や「筆が固まらない墨」
などがあります。

ですが、裏には、
「清書には使わないでください」などと、
書いてあると思います。

滲んで残念な感じになりますので、
子供が悲しい思いをしないように、
正しい、墨汁を買ってあげましょう。


< バッグ >

片付けるときことを考えて、
ファスナーで全開できるものがいいと思います。

なるべく軽いもの
優先するといいでしょう。


< 文鎮 >

1本ものより、
2本が使いやすいようですね。


< デザイン >

デザインが少しだけ入っているものが、
ベストだと思ってください。

中学生まで使うことを考えれば、
キャラクター系などは、
飽きがきてしまいます。

まひろの子供たちは、
ロゴが一つ入っているものを選んでいたので、
親として見たときに、中学校までは使えるな!と思いました。


  習字セットを中学では使うの?

学校によりけりです。

購入を迷われるなら、
様子を見ることをおすすめします。


  通販の強み

種類が豊富だということです。

それに、価格に関しても、
デザインに関しても、
多様なものがあります。


  書道セットのまとめる

学校指定なら、指定のものに従いましょう。

学校斡旋なら、どこで買っても大丈夫です。

出来れば、呉竹かあやしやが良いでしょう。

あとは、中身さえ揃えれば、
小学生の書道では充分使えるということが
分かっていただけたと思います。

しかし、男の子も女の子も、
少なくても6年生、もしくは中学までは、
使うということです。

親子でよく相談してみるといいと思います。



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください