きゅうりの育て方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

夏を代表する野菜のきゅうり

自分で作ると、難しいと考えがちですが、
意外と簡単なんですよ。

初心者向けでとても育てやすい
人気の家庭菜園向け野菜です。

ホームセンターなどに売ってある、
ポット苗での移植栽培が
簡単で確実
です。

カリウム、ビタミンC、カロチンと、
豊富な栄養素がたっぷりな野菜。

浅漬けにしたり、サラダにしたりと、
いろいろな料理に使える
便利な夏野菜です。
food_sunomono
植付時期は4月上旬~7月下旬
収穫時期は6月上旬~9月下旬まで。

品種もたくさんあるそうですが、

初心者にお勧めは、
「夏すずみ」「よしなり」「四葉キュウリ」
などの品種が育てやすいですよ。


<上手に育てるコツ>

梅雨時期は過度な湿度に注意し、
排水の対策にも気を付けましょう。

夏場は土の乾燥を防ぐために
敷わらを敷きましょう。

風などで茎が折れないように
支柱などを立てて下さい。

1年ごとの苗を
購入する方法が簡単です。


<栽培に使う用土>

市販の野菜の土
利用すると簡単です。

ホームセンターなどで、
培養土などの名前でも
売ってあります。
20091027010640fbc
<苗の選び方>

初めに出る葉が残っていて、
2枚の双葉が出た次に出る葉が、

3~4枚程度の状態のものを
選ぶといいでしょう。

そして、茎が太く、
しっかりしたもの
が良い苗です。



スポンサーリンク



<苗の植え付け方>

苗を植える間隔は、
50~60cm程離します。

根が土を抱えるように張っている部分より
少し大きめの穴を掘って、
丁寧に植え付けるようにします。

植え付けた後は、
たっぷりと水やりをしましょう。


<支柱の立て方>

つるが伸びて上へ成長していくので、
伸び始める前に、
支柱を立てておくとGood

実がなりだすと、
支柱にかなりの重量が掛かります。

それと、多少の風が吹いても
倒れないように、両側の支柱を補強して、
ネットを張りましょう。



<摘心>

摘心とは、新しく伸びてくる茎や枝を、
途中で摘み取ることです。

150cmくらいになったら、
最初に中心に伸びるつるの先を
摘心しましょう。

摘心すると下の子づるが、
よく育つようになります。

最初に中心に伸びるつるの
5節より上の子づると孫づるは、
1~2つ実をつけたら、

その先の1葉を残して、
先のつるは摘心しましょう。


<摘葉>

摘葉は花の落下や、
実の生育不良が
出ないようにしますが、

古くなった葉や
病気で枯れた葉などを中心

摘みとるようにするとよいです。

1株あたり1日に2~3枚程度
しておいた方が良いでしょう。


<水やりの頻度と与える量>

きゅうりの果実は夜間に太るので
夕方以降にたっぷりと注ぐようにします。

毎日やらず、間隔を空けて
一度に与える水量を増やした方が、
より効果的です。
kyuri004
<収穫時期>

成長はとても早く開花してから
あっという間に実が大きく
なっていきます。

開花から10日程
20cmくらいになったものが、
一番おいしい大きさです。


<補足>

肥料が不足している時
つるが真横から下向きに伸びます。

病気や害虫対策として、
ホームセンターなどに売ってある、

野菜専用のスプレー式のものが
おすすめです。

自分で作ると、
毎日旬のキュウリが
いただけます。

一度行動してみることで、
分かってくることもあると
思います。

まひろも作りましたが、
美味しいキュウリを
食べることができました。

美味しいキュウリを食べて、
旬を感じてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください