子供にも分かるハロウィンの由来と歴史!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  ハロウィンってまひろにとっては、、、

今までパーティーなんかしたことないし、
スーパーなどでは、グッズがたくさん売ってありますよね。
halloween005
そういうイメージです。

実際、かぼちゃをくりぬいたりとか、
お菓子をもらいに行くとか、
あるようですが、

アメリカで始まったと思っていましたが、
違ったようです。

そのハロウィンの意味や由来について、
詳しく見ていきましょう!


  子供にもわかるハロウィン(ハロウィーン)のこと

1)毎年10月31日に行われる。

2)古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。

3)秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事。
halloween022
4)現代では特にアメリカ合衆国では民間行事となっている。

5)祭りは、カボチャの中身をくりぬいて作る
  ジャック・オー・ランタンを飾る

6)子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れて、
  お菓子をもらったりする風習がある。

ちなみに、この祭りはキリスト教の祭ではありません。

こんな感じで説明してやると、
子供も分かってくれるのではないでしょうか!


  ハロウィンの由来

古代ケルト人の1年の終りは10月31日で、
この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりとなる日です。

古代ケルト人は、この日に死者の霊が家族を訪ねてくる
と信じていました。

この時期に出てくる、
有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被ったり、
カブを使用して、儀式として魔除けの焚き火を焚いていたんです。

この儀式がアメリカに伝わった時に、
カブではなく、たくさん獲れていた
カボチャを使うようになりました

このカボチャのアメリカ式のハロウィンが世界中に広まりました。
%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

10月31日の夜に、
カボチャをくりぬいて中に蝋燭を立て、
「ジャック・オー・ランタン」を作ったり、

魔女やお化けに仮装した子供たちが、
近くの家を訪ねては、

「トリック・オア・トリート
(お菓子をくれないと悪戯するよ)」


と唱えるようになりました。

ちなみに、お菓子がもらえなかった場合は、
報復の悪戯をしてもよいそうです。


  ハロウィンの歴史

古代ケルトのドルイドの信仰では、
新年の始まりは冬の季節の始まりである
11月1日のサウィン祭(収穫祭)でありました。
halloween2015-0923-h10
ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していて、
日没は新しい日の始まりを意味していたそうです。

したがってこのサウィン祭(収穫祭)は、
毎年、今の暦で言えば、
10月31日の夜に始まったということになります。

このサウィン祭(収穫祭)では、
アイルランドと英国のドルイド祭司たちが、
かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げました。

ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、
太陽の季節が過ぎ去り、
暗闇の季節が始まったとされています。

11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、
各家庭にこの火から燃えさしを与えたました。

各家族は、この火を家に持ち帰り
厳粛にこの共通の炎から炉床の火を新しくつけて家を暖め、
悪いシー(ケルト神話の妖精)などが入らないようにしました。


   古代ケルト人は1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、
   この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていました。



スポンサーリンク



  古代ケルト人に始まったハロウィン

カブを使っていたケルト人が、
アメリカに渡ると、カボチャに代わって、
それが世界中に広まって行って、
今のハロウィンがあるわけですね。
candy005
収穫祭の儀式として、
仮装して悪いものを来ないようにしていんですね。

由来や歴史を知ると、
いいことが起こるように儀式をしていた
考えてもいいかもしれませんね。

そのことを少しでも考えることで、
仮装したり、パーティーを開いたりすることは、
古代ケルト人が考えていたことを、
無下にしない事になるのではないでしょうか。

あなたも意味を考えて、
パーティー、ジャックオーランタン、仮装、
などをしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください