加湿器の選び方!加湿量とタンク容量

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  加湿器の選び方って?

加湿器って何を基準に選んだらいいのか?
分からないですよね。
d1231-29-651701-0
今回は、加湿量とタンクの容量について、
お話ししたいと思います。

これを読んでおくと、
いざ、購入といった時に、
迷わず購入できるはずです。


  加湿量について

加湿量は「mL/h」(毎時〇〇ミリリットル)の
単位で表示されています。
092621
例えば、
 「500mL/h」の加湿量であれば、
  1時間に500mLの水蒸気を空気中に放出
  できるという意味です。

この加湿量が大きくなるほど、
一度に加湿できる能力が高くなり、
より広い部屋に対応できるようになります。


  加湿量と対応する部屋の大きさ

加湿量は、使用する部屋の大きさに合わせて
選んでいきましょう。
c3a4088f14c08b11887016bf41bd1933
一般的な家庭のリビングルームであれば、
加湿量500mlか700mlの、
製品を選べば大丈夫です。

子供部屋や書斎などの個室であれば、
加湿量300mlの製品でも十分加湿できます。

使用する部屋の大きさよりも、
少し大きめのものを選んでおくほうが、
省エネにつながります。


  タンクの容量について

加湿量が高いということは、
それだけ多くの水を消費するということです。

加湿量が高くても、タンクが小さければ、
頻繁な水の補給が必要になります。
49550_original
タンクが大きすぎれば、水入れが大変になります。

そのあたりのバランスを見ておくことが重要となります。

小型のデスクトップサイズの加湿器(卓上のもの)は、
水タンクの容量も小さいので、
水の補給を頻繁に行う必要が出てきます。



スポンサーリンク



  加湿量・タンク容量の目安

部屋の広さ・使用する時間など
状況にあったものを選ぶことが大切です。

さらに連続加湿時間は、特に重要となります。

睡眠時など長時間使用する場合、
夜中に給水しなければならない
ということがあれば、とても面倒なことになります。


  その他のチェックポイント

<動作音>
一般的に「静か」とされるのは30dB以下です。
20dBはほとんど聞こえないレベルとなります。

<気化フィルター>
メンテナンスの事を考えると、気化フィルターは
取り出しやすい位置にあると作業しやすくなります。

<水タンク内部の洗浄>
着脱性や洗浄のしやすさもチェックしましょう。

<ボタン/モニター類>
湿度が表示されるなど、
モニター搭載機の方が使いやすいです。
10420000056
<付加機能(空気清浄機能など)>
室内の加湿とホコリやニオイの除去を、
同時に行ってくれるのでとても便利です。

それに、風邪やインフルエンザの予防にもなります。

<デザイン>
インテリアを損ねないようなデザインが大事です。


  加湿器を選び方のまとめ

加湿方式だけでも、主に4種類あります。

1)スチーム式(スチームファン式)
2)気化式(ヒーターレス式)
3)超音波式
4)ハイブリッド(温風気化)式(こちらがオススメ)
e58aa0e6b9bfe599a8
まず、上記の4種類の中から1つを選択し、
部屋の大きさに合った加湿量を確認したうえで
製品を絞り込みます。

そして、水タンクの容量や騒音レベルや操作系などを
チェックして購入すればよいのではないでしょうか。

もちろん価格の安さも
大きな決め手になるでしょう。

空気清浄機能などの付加機能は、
お財布との相談になりますね。

これだけわかれば、
購入時に迷うことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください