梅ジュースの美味しい作り方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

ここでは、梅ジュースの作り方というか、
梅ジュースの原液といった方がいいのかも
しれません。

原液=ジュースということで、
表示していきますので、
ご了承下さいね!

でも原液だと、割って飲めばいいので、
長い間楽しめると思いませんか?
cc-library010011032
材料さえ揃えば梅ジュースを
作るのはとっても簡単!

梅を使って昔懐かしい、
ほんのり甘酸っぱい
梅ジュースを作りましょう。

採れたての風味豊かな梅を
使ったレシピ!

冷凍梅を使った年中使えるレシピ!

え、冷凍梅って?
どういうこと?
って気になりませんか?

ではその悩みは、作り方を見て、
解消してくださいね!


「梅ジュース(梅シロップ)の作り方」

<材料>

梅   1kg
氷砂糖 1kg
(甘さ控えめのときは800g)

ビン  5リットル用、
    ふたが密封できるもの。

竹串  梅のヘタを取るのに使用。
    複数本用意。
ダウンロード
ここで、ちょっとした<ポイント>

梅は購入したり、収穫した場合は
すぐに漬けてくださいね。

なぜなら、

2日後には熟してくるし、
完熟梅では、エキスの出があまりよくなく、
ドロっとした粘度の高いものになるから。

完熟梅は発酵しやすく、
カビやすいので注意も必要になりますよ。

梅ジュースは
青く若い梅で作るのがベスト。


スポンサーリンク


<作り方>

1)ビンを熱湯で消毒
  
  まずは下ごしらえ。煮沸消毒。
  (耐熱でないビンの場合、
   割れる恐れがあるので、少しずつ入れる)

  ビンに熱湯を少し注いで傾け、回す。

  湯を捨ててからきれいな布巾で
  水気をよくふき取る。
  
  ビンの口を下にして、
  日の当たるところで乾燥させる。

2)梅を水で手洗い
  
  ボウルに入れて水で洗う。
  流水で洗うのがおすすめ。必ず手洗い。

  一つ一つ、ていねいに洗いましょう。

3)水気を拭き取る

  カビ防止のためにも
  水気はきっちりと拭き取って
  おきましょう。

4)梅のヘタを竹串で取る
  
  水気を取ったら、
  竹串を使ってヘタを一つ一つ取り除く。
  (梅は金属を嫌うので、竹串で)

  ヘタの縁をなぞるようにすると
  簡単に取れる。
  (タコ焼きを返すような感じで)

  ※エグ味がなくなり、さわやかな味わいに。
   取り残しがあるとヘタが外れて
   上に浮かんできますよ。

5)冷凍庫で一晩冷凍

  冷凍用のジッパー袋等に入れて
  一晩、またはそれ以上
  寝かせるため冷凍庫へ。

  
  ※凍らせることで、
   梅の繊維が破壊されて
   エキスが出やすくなる。


6)梅と氷砂糖を入れる

  水気を拭き取った梅と氷砂糖を
  ビンに交互に入れていく。
  梅は優しく敷き詰める。

  最後は氷砂糖でふたをするようにのせる。
  (エキスの抽出を早くするため)

7)ふたをして冷暗所に置く

  きちんとふたをして冷暗所で保存。
  翌日からエキスが溶け出す。

  お砂糖が底にたまるので、
  できれば毎日ビンをゆする。

  1週間ほどでエキスはほぼ上がってくる。
  1ヶ月ほどで完成。

  ※生の梅は腐るので、
   1ヶ月程で梅の実を取り除く。

   
   砂糖が溶けきってなくても、
   7日~10日目くらいから飲むのは可能。
   (薄めて飲んでくださいね)

8)殺菌してアクをとる

  なべに移し替えてもOKなので、
  沸騰しないように加熱殺菌のため、
  15分ほど湯煎後、アクをすくう。

  ※湯煎するとき、耐熱ガラスでない場合は
   ビンが割れる恐れがあるので注意。

  冷ましてから、冷蔵保存。

9)梅ジュース(シロップ)出来上がり!と保存方法

  保存は冷蔵庫がベスト。
  (長持ちするとともに、
   梅エキス成分の抽出量が高まるから)


  出来上がったジュースは濃い原液、
  水で薄めてお飲み下さい。
  ソーダ水などで薄めても美味しいですよ。

  きちんと密封すれば1年間は保存可能。
  
  なので、賞味期限も1年間。
  (しかし、完全な密封状態でないときは、
   お早目にお召し上がりくださいね)
illust2030
冷凍保存して1日以上寝かせておく、
ということは、しばらく冷凍庫に
置いていても大丈夫ということですね。

時間がなくて、忙しいあなたでも
出来るということですね。

冷凍状態が良ければ半年以上使用可能。
しかし湿り気と空気が大敵。

梅の水分をよく取り
なるべく空気を入れないよう密封

冷凍することで保存期間が長くなるそうです。

しかし、袋の中に霜が付くようになったら、
早めに使いきりましょう。

これで、冷凍保存半年でも大丈夫と
分かった訳ですが。

でも、作り始めたら、すぐ飲みたい!
と思うのが人間の性ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください