菜の花のおひたし!簡単レシピ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

まひろのブログに、ご訪問していただき
ありがとうございます。

ところで、菜の花の旬の時期って
知っていますか?

まひろは、卒業式とかに
使ったりするので、だいたい3月かなと
思っていました。

しかし、1~3月だそうです。

なんと、1月から出回っているんですね。

でも、川や道ばたに生えているものは
食べたらダメですよ!

菜の花は、
アブラナのツボミと
花茎を収獲し、食用とするそうですよ。

スーパーなどで、売っているので、
そちらをご使用くださいね。

春の到来を告げる
菜の花を使った料理のご紹介です。
nano_8bc
「菜の花のおひたしの簡単レシピ」

作る前のポイントがあるんです。

それは、
一度にたくさんの量を入れないこと。
沸騰した湯に入れること。

これをふまえた上で、
さあ、レシピの開始ですよ。

調理時間は15分。
かなり、簡単にできるものです。


まずは、
材料(2人分)

・菜の花 200g
 出来上がると、150gくらいになります。

・だし割りじょうゆ
 (市販のものでOK。なければ、
  だしじょうゆでもOKですよ。)

・白ごま 少々


スポンサーリンク

作り方

1)菜の花は茎の堅い部分を
  5mmから1cmくらいを切り、
  全体を水にくぐらせます。

  それから、
  根元を水に10~15分間つけて
  シャキッとさせ、洗います。

2)たっぷりの熱湯
  ⓵の1/2の量を入れ、
  はしで押さえてながら全体を浸します。

  浮いてきたら全体を裏返し、
  葉の色が濃くなったら
  たっぷりの冷水にとり出します。
ILM15_AF16006
ここでまた、
<ポイント>

お湯が沸騰したところに、
2回に分けて菜の花を入れること。
2度目も必ず煮立ちを待つこと。

3)再び鍋の湯が煮立ったら、
  残りの菜の花を入れて
  ⓶と同様にゆでます。

4)水けを絞ったあと、
  3~4cmの長さに切ります。

  再度水けを絞って
  だし割りじょうゆに
  10分以上浸します。


  軽く絞って器に盛り、
  白ごまを指でひねりながらかけます。
  (ゴマすり器で簡単に入れるのもOK)

<ポイント>
水けをしっかり絞って
ボウルに入れましょう。

なぜおひたしというのでしょう。

だし割じょうゆに浸すから。
何かに浸すことで、
「おひたし」というんですね。


短時間で簡単にできるので、
忙しいあなたにも、
できる一品ですね。

なかなか手が出せなかった
あなたにも、このレシピなら
できるのではないでしょうか。

この時期しか味わえない旬のものなので、
是非、一度料理してみてくださいね。

今晩の食事に、副菜の一つとして、
もう一品加えてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください