キャリーケース・スーツケースの選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  旅行に出かけよう!?

1泊でも日帰りでも旅行は楽しいものです。
illust3394
その中で、「かばん選び」は、
国内・海外旅行の準備でとっても重要です。

しっかりと選んで、旅をハッピーなものにしましょう!

大きさはどれくらいがいいのか?
キャリーバックとスーツケースって何が違うの?
と購入される際に、迷われる方は多いと思います。

キャリーバックやスーツケースの
メリット・デメリット・大きさ・容量・選び方のポイント
をご紹介します。


  キャリーバックのメリット

なんといっても軽い!

小型であれば機内持込が可能。
illustrain02-travel03
一般的に国内線・国際線共に、
3辺の合計が115cmまで。

小型~中型のものは、使いやすく小回りが利く。
移動しやすく、列車の旅でも置き場に困らない。

収納部に深みがあるので、
奥行きのある荷物を収納できる。
便利な収納を装備していることが多い)

2輪キャスターは非常に丈夫。

キャリーバックの上に、
手提げかばんや中型のボストンバッグを、
載せて運ぶことが出来きる。


  キャリーバックのデメリット

スーツケースに比べて強度や収納力劣るし、
大型の物が少ない。

ソフトキャリーバッグは、
雨などに濡れると中まで染み込みやすい。

(ビニールを被せるなど、対策可能。
 ハード素材<ポリカーボネート>ならば、
 雨に濡れるデメリットはほぼ無くなる)

2輪キャスターは、
10kg程度の重さを超えると腕が疲れる。


  キャリーバッグの二つの購入ポイント

1)いかに使いやすいか
  (ファスナー付きや、新聞等を差し込めるポケットは、
   スーツケースには無い使い勝手の良さがある。)

2)2輪と4輪のキャスターのどちらを選ぶか


  キャリーバック・スーツケースのサイズと容量と旅行日数の目安

サイズは、縦の長さ(cm)で表すのが一般的。

旅行日数は、春、秋を基準に、
冬の時期は、少し大きめを選ぶと良い。 
lgi01b201404260800
キャリーバー付きのスーツケースは、
容量が3Lほど少なくなる。

身長が155cm以下の方、
体力に自信がない方、高齢の方は、
Mサイズが扱いやすい


     サイズ            容量     旅行日数の目安
SSサイズ(50~59cm)     45~59L     3~6日
Sサイズ (60~64cm)     60~74L     5日間~8日間
Mサイズ (65~69cm)     75~84L     1週間~12日間
Lサイズ (70~73cm)     85~94L     10日間~1ヶ月
LLサイズ(74cm以上)      95L以上      2週間~長期


  スーツケースのメリット

海外旅行用カバンの定番!
種類や色サイズが豊富。
lgi01a201309242300
短期から長期、旅行や出張、
留学、家族旅行など用途が幅広い

かなり丈夫な作りなので、
安心して荷物を飛行機に預けられる。

荷物をたくさん収納できるし、
重い荷物もキャスター付きだと楽に運ぶことが出来る。

鍵がしっかりしているので安全

中身をしっかり守り、
多少の雨なら中身も濡れない。


  スーツケースのデメリット

一般的に重く、飛行機の重量制限に引っかかりやすい
キャスターへの負担が大きく壊れやすい。

凹凸の激しい道では、
移動の時に大きな負担になる。

列車の中では、荷物の置き場に困る。
(置くスペースが少ないため)

小回りが利かず、移動が大変なので、
移動が多い旅行には向かない。


  スーツケースの購入ポイント

スーツケースは出来るだけ軽く、
キャスターは大きく丈夫なものを選ぶ。
(キャスターの付け根部分はしっかりしたもの)
6a843a0bbfd460b802833169c9959d6b_s
特にLサイズ以上の場合は、
飛行機の重量制限のことを考え、
多少価格が高くても、必ず軽い物を選ぶ。

(機内預けの超過料金は、
 ヨーロッパで1kg約¥8,000が相場)

自分の用途や体力に合った、
サイズのものを選ぶことも重要。
体への負担は、旅行全体をダメにしてしまう。

中の仕切りやポケット、
鍵の使いやすさも考えておくこと。

アメリカの空港を出発する便、
アメリカの乗り継ぎ便を利用する場合は、
「TSAロック」機能が付いたものが良い。


  まとめ!

キャリーバックとスーツケースの違いは、
分かっていただけたでしょうか!?


大きさや、容量が一番気になるところだったのでは?

まひろはそうですね、サイズって言われても、
どのサイズを選べば。。。という感じです。

どのサイズがどれくらいの量が入るのかが分かれば
かばん選びも楽にできると思います。

もちろん、購入するときの選び方のポイントも
とても必要になってくると思います。

これらを踏まえて、かばん選びで迷うことなく、
旅行に向けての計画を立てることのほうが大事だし、
楽しみも倍増するのではないでしょうか!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください