甘くなる!とうもろこしの茹で方/茹で時間/保存方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  とうもろこしが旬の時期には、

おやつや、献立の一品に、
塩ゆでのとうもろこしが大活躍しますね。
lgi01c201407050000
お弁当のおかずにもなるし、
子どもも喜ぶ塩ゆでのとうもろこし。

ジューシーで甘くなるとうもろこしのゆで方をご紹介します。

塩加減、茹で時間、保存方法まで、
ここですべてわかりますよ!


  材料(ゆでやすい分量)

調理時間:約20分
salt
とうもろこし … 適量
(約中くらいの大きさ3本分)

      … 約大さじ2
(ゆで湯に対して2~2.5%の塩)

      … 1.5L
(水の分量で塩の量も変わってきます)


  皮むき(下処理)

とうもろこしは、皮一枚だけを残して
皮をむきます。

※1枚だけ皮を残してむき、
 茎の部分を切り落としておきます。

皮一枚残すだけで、
ジューシーで甘く、ゆで上がるからです。

しかも、ゆでたあとに残った皮をむくと、
ひげを簡単にきれいに取り除くこともできますよ。


  茹でる鍋と塩加減を決める

次にとうもろこしをゆでる鍋
水の分量・塩の分量を決めます。

<皮むき>したとうもろこしが
すっぽり入るくらいの鍋を用意します。
lgi01a201401040500
そして、とうもろこしが、
ひたひたになるまで水を加えます

このとき、どれだけの水を加えたかを量っておき
その水に対して2~2.5%の塩を用意します。

水に対しての、塩の2.5%の、
分量を明記しておきますね。

水1L   … 塩25g
水1.5L … 塩37.5g
※今回は約大さじ2を加えました。

水2L   … 塩50g
水2.5L … 塩62.5g

とうもろこしは、
 塩を加えた水を沸騰させた後に入れるので、
 一度取り出しておきましょう!


  茹で方とゆで時間

塩を加えた湯が沸騰したら、
皮一枚にしたとうもろこしを鍋に入れます。

とうもろこしのゆで時間は10~12分
toumorokoshi_nouka
途中2~3度、とうもろこしを鍋の中で
回転させてあげてください。
そうすることで、ムラなく茹で上がります。

落とし蓋があれば落とし蓋をして、
なければアルミホイルなどを上にかぶせて、
中火から弱火の火加減でゆでます。

とうもろこしがゆで上がっても、
 すぐにざる上げしないでくださいね。


  ゆでたとうもろこしを食べる

とうもろこしがゆで上がったら、
そのまま10分間
ゆで湯につけたままにしておきます。

そうすることで、適度に粗熱が取れると同時に、
とうもろこしに塩が入り、
食べたときにより甘く感じるようになります。

10分たったらざる上げして、
皮をむきとってから、いただきましょう!


  保存方法

とうもろこしを冷ましてから食べる場合は、
1日くらいはゆで湯が冷めた塩水につけて、
冷蔵庫に入れておいても大丈夫です。

でも、冷蔵庫でスペースがない場合は、
粗熱が取れて、ゆで湯から取り出し、
ラップに包んで冷蔵庫で、保存しておくとよいです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください