夏バテ対策!その症状と原因とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  日本の夏と言えば!花火

その前に夏バテが来ますね。
ダウンロード
ジメジメした湿度の高い暑さは、
とっても不快で体調を崩しがちです。

でも、原因をきちんと理解して対策をとれば、
夏バテ解消もむずかしいことではありませんよ。


  夏バテの原因

体内の水分・ミネラル不足:脱水症状
暑さによる食欲の低下:栄養不足

暑さとエアコンによる冷えの繰り返し:自律神経失調症

夏バテになると、自律神経は全身の機能に影響を及ぼすため、
心身ともに不調になってしまいます。


  夏バテの症状

全身の疲労感や、イライラする、むくみ。
体がだるくなったり、熱っぽい、食欲不振。
無気力になったり、立ちくらみや、下痢・便秘。
gatag-00013567
こういう症状があったら、
まず病院へ行くことをお勧めします。

体の調節機能が未熟な幼児は、
脱水症状を起こしやすくなります。

お年寄りは暑さによって体温が上がって、
熱中症(日射病と熱射病)を起こしやすいので注意しましょう。


  どんな治療をするのでしょう

まずは、問診で症状などを聞き、
夏バテなのか、他の病気で症状が起こっているのかを
ふるい分け検査をします。

検査によって、夏バテと診断されたら、
症状に応じて、治療を行います。

・点滴
 脱水症状や食欲がなかったり、
 栄養補給ができないときに、ミネラルなどを補給します。

・ビタミン類の補給
 十分な栄養が摂れず、体のだるさや疲労感などがある場合は、
 ビタミンB群などのビタミン剤を処方する場合もあります。


  生活指導

環境(エアコン)や食事、睡眠、運動など、
夏バテを予防する生活の仕方を総合的に指導します。

夏バテ時の食事の仕方

もちろん、栄養バランスのよい食事を摂ることが基本です。
しかし、食欲がないときは、「量より質」を心がけましょう。

・ビタミン、ミネラルをしっかり摂る
・タンパク質を十分に補給する(お豆腐、豚肉の冷しゃぶ等)
・清涼飲料水の飲み過ぎに注意する

・香辛料や酸味で食欲増進をはかる(タバスコ、酢の物、カレー等)
・食事がとれないときは、サプリメントや胃腸薬を利用する


スポンサーリンク


  夏を乗り切る生活の仕方

暑い季節を乗りきるためには
規則正しい生活をすることが大切です。

では、規則正しい生活とは、
himawari
食事面では、  
朝食を抜かず、3食きちんと食べること。
水分を補給すること。

睡眠面では、
早めに寝て、睡眠時間を長めにとり、
疲れを翌日に持ち越さないこと。

運動面では、
適度な運動で、生活にリズムをつけ、
自律神経の働きを整えるようにすること。

入浴面では、
ぬるめのお湯にゆっくり入ることで、
心身ともにリラックスさせる効果あり。

むずかしく考えず、これらを習慣づけることで、
ストレスの解消や、食欲増進にもなります。

暑いシーズンは、日差しが弱く涼しい時間帯に、
ウォーキングや、軽い運動をするといいのではないでしょうか。

水分補給は、のどが乾く前に、
こまめに補給することが、
脱水症状や疲労を予防するコツです。


夏バテの食欲がない時は、
麺類で乗り切ってみてはいかがでしょうか?

そうめん、冷やし中華、ラーメンなど、
つるつる&さらりと食べられる麺なら、
夏バテ解消にはもってこいなのでは。

あまり手間をかけずに食べることができるし、
少し工夫するだけで、栄養面でも良くなるものです。

毎日の生活を、きちんとしていれば、
夏バテをしない身体になるのではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください