マリーゴールドの育て方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  マリーゴールド

強い日差しの下でも元気に咲き、育てやすい夏の花です。
野菜や他の植物との寄せ植えにも適しています。

元気をくれる、赤やオレンジ、黄色などの彩り豊かな色が、
ベランダや庭先を明るくしてくれます。

科名  :キク科
学名  :Tagetes
別名  :万寿菊・マンジュギク・マリゴールド
008-marigold-2000-color
みずやり:控え目にやる
場所  :外の日なた
難易度 :中級者向け

開花時期:6月~10月
植えつけ・植え替え時期:3月~5月
肥料をやる時期:5月~7月、9月~10月


  栽培の特徴

春以降に出回る苗を植えるのが一般的です。
ぽんぽんと大きな花を咲かせてくれます。

センチュウという害虫の虫よけにはなりません。
なので、薬による予防になります。

一年草です。
春に植えて、秋まで楽しんで、冬には枯れてしまう花です。
日差しが強いと花が少し休んでしまうことがあります。


  水やりと肥料

土が乾いて白くなっていたら、たっぷりと水を与えましょう。
乾燥には強い方で、過湿には少し弱いです。

水やりの際は、花に水が掛からないようにしましょう。
すると花が長持ちします。
fremar_5
しかし花に水がかかってしまうと、花が腐ってしまい、
病気の元になることがあります。

乾燥に強いといっても、適度に水やりをしないと、
枯れてしまったり、育ちが悪くなったりします。


スポンサーリンク


  肥料

花が咲く期間に肥料をしっかりと与えましょう。
そうしないと、花が咲かなくなります。

真夏以外の花が咲く時期には、
一週間に1回液肥を与えてましょう。

真夏は元気がなくなります。
そのときに肥料をやると株が弱ってしまいます。

秋から、また花が咲きます。

肥料はリン(花を咲かせる成分)を含むものをやりましょう。

肥料の量が多くても、チッソが多くても花は咲きません。
肥料の説明書をよく読んで、肥料を与えてあげましょう。


  植え付け・植えかえ・種蒔き

用土はホームセンターなどで販売されている
市販の培養土で植えます。

自前で作る場合は、垢玉土6:腐葉土4を混ぜたものを使います。


  管理場所・日当たり

日当たりを好みます。

夏の暑さで、成長が止まって花が咲かなくなります。
プランターなどでは、西日が強く当たっていると根が痛んでしまいます。
半日陰に移動させましょう。

種を作ろうと栄養がしぼんだ花に注がれてしまいます。
花を放置せず、花がしぼんだら、マメに摘みましょう。
雨に打たれて腐って、病気の元になりやすいので注意してください。
lgf01a201308011000
風通しが悪くなって、蒸れると枯れてきます。
次の花芽が出てきませんので、
葉っぱや黄色い葉っぱをむしったり、茎を間引きましょう。

真夏にあまりに暑いと株の生育が止まり、花も咲かなく成ります。

無理に肥料をやるのではなく、
半分ほどの草丈に切り戻して、夏をやりすごします。
すると秋にはまた花が咲いてくれます。

品種によっては、花が大きいものがあります。
雨にあたると水を吸って重くなり、茎が折れてしまいます。
茎は中が空洞になっていて、頑丈そうに見えても折れやすいです。

また雨に濡れると、花が腐ってしまい
病気の元になりますので、梅雨前に花を収穫することをお勧めします。


  由来や伝承

マリーゴールドは「聖母マリアの黄金」という意味で、
学名のタゲテスは美の女神タゲスが語源となっています。


夏の花で、とても育てやすそうですね。
明るい色が心まで、癒してくれそうな花です。

ガーデニングの花に一つ、増やしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください