春の花!バラの花言葉と意味

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

  花言葉とは、

象徴的な意味を持たせるため植物に与えられる言葉で、
植物と単語の組み合わせで示されます。
SHI86_akaibara1342_TP_V
日本では、主に西欧起源のものを核として様々なバリエーションがあり、
花をつけるものだけでなく、草や樹木にも花言葉があるそうです。

花詞とも言われることがあるそうですよ。


  花言葉の歴史

19世紀の西欧社会で盛んになりました。

フランスの貴族社会で、
草花を擬人化した詞華集に人気がありました。

草花と特定の意味の組み合わせ例を示した手書きの詩作ノートが
貴族サークル内で回覧されていたそうです。

そうしたノートは、草花の性質によって、

恋人の美しさを賞賛したり、
または不実や裏切りを非難するといった、
恋愛の駆け引きのために作られたともいわれています。


  最初の花言葉辞典は、

この流行を背景に登場した、1819年頃に出版された
シャルロット・ド・ラトゥール『花言葉』。

ラトゥールは独自の花言葉を270超のリストにまとめていて、
命名の方法は、大きく2つに分けられています。

1)植物の外形や香り・色などの植物の性質・特徴を、
  言葉で表現しようとする観察重視のリスト。

2)西欧社会で草花が積み重ねてきた文化史的伝統を、
  一つの単語に凝縮した、文化史重視のリスト。
4885-300x225
ラトゥールの著作においては、
花の中でもバラに重要な位置が与えられています。

バラ「花の中の花」と称されるほど、
西欧文化において重視されてきた花の一つで、
伝承や神話が豊富にあるからだそうです。

こうしたラトゥールの命名スタイルは、
後に続く数多くの花言葉辞典の元になったとも
言われています。

著名な絵本画家ケイト・グリーナウェイが著した挿絵入りの辞典は大きな評判を呼び、
花言葉の普及に大きく貢献したとされています。


  日本では、

花言葉を利用して草花を楽しむ習慣が輸入されたのは、明治初期とされています。
当初は輸入された花言葉をそのまま使っていました。

その後、日本独自の花言葉も盛んに提案されるようになります。

意味や歴史も分かったところで、春の花の花言葉、
今回はバラの花言葉のご紹介しますね。


スポンサーリンク


  バラ,ばら(薔薇)全体の花言葉

「愛」 「美」 「内気な恥ずかしさ」 「輝かしい」 「愛嬌」
「新鮮 「斬新」「私はあなたを愛する」

「あなたのすべてはかわいらしい」 「愛情」
「気まぐれな美しさ」 「無邪気」 「爽やか」


  色や形の花言葉

帯 紅:「私を射止めて!」

赤:「愛情」 「模範」 「貞節」 「情熱」 「熱烈な恋」 「あなたを愛します」

黄 色: 「嫉妬」 「不貞」 「愛情の薄らぎ」

白: 「私はあなたにふさわしい」 「尊敬」 「純潔」 「約束を守る」 「無邪気」 「恋の吐息」

ピンク: 「上品」 「気品」 「温かい心」 「美しい少女」 「 恋の誓い」 「しとやか」 「満足」 「愛を持つ」

朱 赤: 「愛情」
rose_blue
オレンジ: 「すこやか」 「愛嬌」 「信頼」 「絆」

薄オレンジ: 「無邪気」 「さわやか」

青: 「神の祝福」 「奇跡」 「夢 かなう」

淡 紫: 「愛情」

ミニバラ: 「無意識の美」 「特別の功績」 「果てしなき愛」

蕾: 「愛の告白」

葉: 「希望あり、がんばれ」

ト ゲ: 「不幸中の幸い」


  バラの本数での花言葉

1本のバラ  : 「一目ぼれ」
2本のバラ  : 「この世界は二人だけ」
3本のバラ  : 「告白・愛しています」

4本のバラ  : 「死ぬまで愛の気持ちは変わらない」
5本のバラ  : 「出会えたことの喜び」
6本のバラ  : 「あなたに夢中」

7本のバラ  : 「密かな愛」
11本のバラ : 「最愛」 「一途に思う」
99本のバラ : 「永遠の愛・ずっと一緒にいよう」

108本のバラ: 「結婚して下さい」

108を「とわ(永久)」と読むことで、
「永遠に大切にします」 「永遠に一緒にいよう」

365本のバラ: 「毎日想っています」
999本のバラ: 「何度生まれ変わっても貴方を愛します」


いろんな表現の仕方があるんですね。
調べていて楽しくなりました。

しかし、バラの花言葉が、
こんなにあるなんて知りませんでした。

その代表的な一部を書かせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください