母の日の簡単レシピ!かまぼこカーネーション

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

母の日のプレゼントとして、
カーネーションを贈るのが
定番ですね。

ちなみに、再来年までの、
日付を記載しておきますね。

2016年5月 8日(日)
2017年5月14日(日)
2018年5月13日(日)

現在は、様々な
色のカーネーションがあり

赤にこだわらなくとも
いいという見方もあるそうですよ。
carnation06-003
カーネーションの色と意味は

赤   :「真実の愛」「愛情」「情熱」「母への愛」
濃い赤 :「私の心に哀しみを」
白   :「尊敬」「純潔の愛」「亡き母を偲ぶ」

ピンク :「感謝」「上品・気品」「暖かい心」
オレンジ:「集団美」「純粋な愛」「清らかな慕情」
黄色  :「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」

紫   :「誇り」「気品」
青   :「永遠の幸福」

色が違うだけで、意味合いが
それぞれ違いますね。

オンラインフラワーデリバリーのフラワーファーム

色の意味で、贈るのも有ですね。
illust94
でもやっぱり、料理好きのあなたは、
「自分の料理でねぎらってあげたい」
と思うのではないでしょうか?

ということで、簡単レシピ。


スポンサーリンク


「かまぼこカーネーション」

<材料>

かまぼこ(赤)1本
パスタ(乾麺)少々
水菜     少々

<作り方>

1)かまぼこは板からとり、
  長い方を二つに切ります。

2)切った中心を薄く1枚切り、
  2~3mmの幅を空けて、
  5mm程切り込みを入れます。

3)くるくる巻いて
  茹でたパスタで止めます。

4)お皿に盛り水菜の葉っぱの先を
  切り、添えたらできあがりです。

<ポイント>

真ん中~端っこで、
花の高さがちがうので、
並べておくと立体感がでます。

端っこで作ったものが
一番カーネーションに似てますよ。

メインディッシュ、
お寿司、ポテトサラダ、
などのお料理に添えることもできます。

あまったら一口チーズに
巻いてお弁当おかずや、おつまみに。

醤油をたらした海苔に
巻くとなかなか美味しくいただけます。

白蒲鉾でも可愛くできます。


やり方さえ、覚えておけば、
なんにでも使えそうですね。

母の日は料理でと思っているあなた
心をこめて作ったら、
きっと伝わります。

遠い場所にいるお母さんを
思って作って見ると
いいかもしれませんね。

そうすることで、
電話してみようかな!

という気持ちに
なるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください