ウォーキングのある効果とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る


スポンサーリンク

暖かくなってきました。
春ももうすぐですね。
別れと、出発の時期。

先日、友達に
ウォーキングすると
いいですよと言われました。

はて、何がいいのだろうか?

確かに運動不足ではある。
自宅に閉じこもりがち。

精神的にも、行動起こすとなると、
気が引ける。

ウォーキングっての効果って
なんでしょうか?
gatag-00005717
そこで、ウォーキングの効果って、
本当にあるのかどうか調べてみました。


すると、驚きの事実を発見です。

それは
「ウォーキングで心が豊かになり、
 脳も活性化する」
というのです。

ある大学の教授の話では、

心の健康と運動には
とても密接な関係があると
言っているそうです。


また、ある実験では、
早足で20分のウォーキングを
週に3回程度継続している女性は、

これより
少ない運動しかしていない人よりも

うつ病の発症率が低く、
精神健康度が高かった

という結果が出ているそうですよ。

なるほど、まひろには、
うってつけのウォーキングかもしれません。

精神健康度が高くなるというのは、
まひろにとってはうれしいこと。

なぜなら、まひろは、
精神病を患っているから。


スポンサーリンク


ウォーキングによって
「楽しい!」と感じるドーパミン
たくさん出るそうですよ。

さらに、
気分の高揚感や幸せ感が得られる
神経伝達物質も出て、

がん細胞を抑制する
細胞の活性も上げると言われています。

ウォーキングだけで
身体だけじゃなく脳にも心にも
効果があるなんてすごいですよね。


ちなみに、
ドーパミンが出ている人は、
創造的な発想も感情も豊かになるので、

アイディアに詰まったときは
気分転換にウォーキングをすると
いいですよ。

ドーパミンの出方は、
頑張った時や、
やりがいを感じたとき。

少し長い距離に挑戦したり、
早足にすると効果的だとか。
lgi01a201403091900
他にも、

・認知症や記憶力の低下を予防。
・学習能力をキープする。

・歩行スピードが早い人ほど
 生存率が高いというデータも
 出ている。

・歩行時は、安静時の
 3倍程のエネルギーを使うため
 ダイエットにも効果的。

などの効果があるそうです。
知らなかったです。


本当に驚きですね。
歩くだけで!という感じです。
ウォーキングって侮れませんね。

歩くだけで、こういう効果が
得られるのは、お金もいらないし、
Goodなことですよね。

とにかく動くこと
ウォーキングを続けること

これが一番大事なことだと思うので、
続けて、健康な心と体を作っていこうと
思っています。

川辺に花が咲き、春を感じるように
なった今が、歩きどき!

外に出て、春を感じてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください